スポンサーリンク

1年で100万円の貯金を目標にします!

お金の話

7月1日に「節約と貯金」に積極的に取り組むことを決意した私ですが、明確な貯金額を決めていませんでした。

今日、夕食をつくっている時にふと「1年で100万円貯めたい!」という思いがふつふつと湧いてきました。

フライパンで食材を蒸し焼きにしている間の時間を使って、電卓をポチポチ。1年で100万円貯めるためのお金の計算をしてみました。

 

スポンサーリンク

1年で100万円貯めるには1カ月83,334円

単純計算をすると、1年間で100万円を貯めるためには1カ月83,334円の貯金が必要です。毎月きちんんとこの金額を貯めることができれば、1年後には1,000,008円。

これを10年続ければ、10,000,080円 (゚Д゚;)

老後……と言える年齢にまるまでの20年間続ければ、20,000,160円 (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

これだけの金額を貯めることができます!

現在700万円ほどあるので、このまま順調に貯金が進めば、老後資金として27,000,000円用意することができます。

(ん?ちょっと待って、私いくつまでこの調子で働けるのだ?ま、今日はとりあえずの計算……ということで)

密かにマンションが欲しいなぁ♡なんて調子の良いこと考えたりしているのですが、ローンを組むことができない(と思われる)ので、まとまった現金があると安心です。

27,000,000円では、新築マンション+老後資金には足りないような気がしますが。

ま、それは追々……。

きちんと計算してみよう!

1年で100万円貯めるためには、1カ月83,334円の貯金が必要であることがわかりました。では、もう少し詰めて考えてみましょう!

月々60,000円はiDeCoで貯める!

現在私は、1カ月60,000円をiDeCoで運用(?)しています。ご存知の通りiDeCoは60歳になるまで引き出すことはできません。

あと20年を切っているので、「60歳まで引き出せない~(;´Д`)」という感覚は全くありません。むしろ、「あら。もうすぐだわ」という感じです。

話はそれましたが、私は月々60,000円をiDeCoで運用しているので、12カ月×60,000=720,000円は半自動的(いや、私が払ってるから自動ではないんだけど)に貯めることができます。

iDeCoは節税で大変お世話になっているので、収入が減っても可能な限りこの金額を死守するつもりではおります。

プラス1カ月23,334円貯金すれば1年で100万円達成!

iDeCoの1カ月60,000円を死守するのであれば、残りは月々どれだけの貯金が必要になるのでしょうか?

目標貯金額1,000,000-iDeCo1年分720,000=残額280,000円

280,000÷12カ月=1カ月23,334円

となり、1カ月に23,334円貯金すれば、iDeCoとあわせて1年間で100万円貯めることができることに気づきました!

私はフリーランスなので、収入から各種税金、健康保険料、国民年金などを支払わなければなりません。それらの額も収入の割には結構厳しめの額なので、1年で1,000,000円は絶対に無理だろうと思っていたのですが、こうやって細かく分割して考えると、絶対無理ではない金額の様に思えてくるから不思議です。

ただ、今の決して贅沢ではない生活水準をキープしようと思えば、今まで通りの収入というわけにはいきません。

私の仕事はクライアントさんから依頼があって初めて収入につながるので、どれだけヤル気と情熱があっても、「今日は仕事がない~(´・ω・`)ショボーン」ということも多々あります。

貯金費用の捻出方法が今後の課題

どんぶり勘定で情けないのですが、今メインでお仕事をさせていただいているクライアントさんからの仕事の依頼量を数ヶ月分振り返ってみました。

すると………

1年間で100万円貯めるにあたって、私が1カ月の間に稼ぎたいと思っている額に足りないんですよね。

それでもこの仕事のままで1年で100万円貯めるとしたら、方法は2つ。

1つ目:もう1つ仕事を増やす

2つ目:生活を切り詰める

それぞれ、ちょっと考えてみましょう。

その1:今よりもっと仕事を増やす

今させていただいているお仕事は、もともと好きな系統の仕事であり、慣れてきたこともありそれほど苦労せずにできる仕事です。

それでも私なりに必死に頭を働かせているので、勤務時間は普通のお勤めに比べると短いと思うのですが、これ以上仕事量を増やすとなると仕事の効率が落ちることは目に見えています。

たまに6連勤するのですが、やはり6連勤目は頭が相当疲れていて、作業効率が悪いなぁと感じながら仕事をしています。

そのためもし仕事を増やすとしたら、今やっている仕事とは全く異なる分野(気分転換になるような作業)が良いと思われます。なお且つ、いつ入るかわからないメインの仕事のスケジュールに対応できなければなりません。

う~む。そうなると、仕事量や仕事をするタイミングを自分で決めることができる、在宅のお仕事になりますね。となると、クラウドワークス で探すのが一番か。

(実はメインのお仕事も、クラウドワークスさんでお世話になっております)

ただ、仕事ばかりで時間を切り売りするのも考え物です。疲労が溜まっては本業に支障をきたす可能性がありますし、「時間」ってお金と同様に、時にはそれ以上に大切なものですよね。

なので、現時点では仕事を増やすとしても無理ない範囲で、週に1日程度、私にとってさほど頑張らなくても良い仕事を探すことになると思います。

その2:生活を切り詰める

生活を切り詰めるというと言葉から悲壮感が漂ってきますが、今よりもっとお金の使い方にメリハリをつけると考えれば楽しそうです。

私がお金を使いたいのは、ドライブなどのささやかなお出かけ(ガソリン代+ちょっとした飲食代)と、推し様(好きな芸能人をブログでは便宜上こう呼んでいます)への出費。

これは私のパワーの源であり、生活の質を上げてくれるものなので、ケチケチせずにしっかり予算をとりたいです。反対に、衣服代や化粧品・コスメ代などは、私の場合お金をかけなくても苦にならないかな。

こうやって考えてみると、今ある時間を売ってお金を稼ぐより、お金の使い方のメリハリを更につけて貯金を捻出する方が、心身共に良いような気がしてきました。

ただ、「その1」と「その2」どちらかに決めなきゃいけないわけじゃないので、その1とその2の「いいとこどり」のような感じで臨機応変に対応できたらなと思います。

クラウドワークスでガッツリ取り組む仕事を探すのではなく、ごくまれに出現する割りの良いアンケート(研究機関や大学が依頼主の場合は結構良い報酬が貰えます。件数はあまりありませんが 汗)をちょこっとやってみたりしながら、ポイントサイトでポイ活してみたり(笑)、お金の使い方にメリハリを付けたり。

しばらくはこんな感じで頑張ってみようかな?!

さぁ、8月度の割振りから頑張ってみよう!

ということで、夕食をつくりながら考えた「1年で100万円貯めるためには?」でした。

でもこういう風に考えるとはなしにふと思いついたことって、何かのメッセージだったりすると思うんですよね~。(スピリチュアル、嫌いじゃない( ̄ー ̄)ニヤリ)

歯科通いも続いているので、その分の費用も掛かりますが、1年間に100万円を目指して頑張ります!そして、あまりケチケチしないよう、楽しく節約できるよう頑張ります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

タイトルとURLをコピーしました