※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

貯金はいくらあると安心なのか?!

おひとりさまのお金の話

数年前に老後2,000万円問題が話題になりましたが、貯金っていったいいくらあれば安心できるのでしょうか?先日ふと思い出したのですが、そういえば私は過去に「貯金残額が20万円切るまでは気にせずに使う!」と宣言して、その通りに過ごしたことがあります。

今日はそのことについてブログを書いてみたのですが、最後まで書き終わってみると特に内容のないブログになってしまいました。お時間のある方で、ご興味がある方はどうぞ(笑)!

スポンサーリンク

30代で貯金残金20万円まで使った過去

今でこそ将来の心配をしている私ですが、30代半ば……いや40代になるまではあまり将来の心配をしたことがありませんでした。健康面しかり、金銭面しかり。今は家族があきれるほどの心配性になっていますが、当時は超楽観主義者だったようです。

嫌なことを我慢してやるより楽しく過ごしたい!という思いが強く、仕事を辞めて好きなように生活してみたいと思い実行に移しました。

30代になってすぐ貯金200万円で仕事を辞める

私は同じ職場で長く続かず、これまで一番長く続いた職場が2年半でした(のちにフリーランスになり、結果的にはその仕事が一番長く続いている)。その2年半務めた会社も比較的早い段階で辞めたくなり(笑)、2年半経った頃には何とか理由を見つけて辞められないものかと考えていました。

結局、新しい仕事に就くための勉強をするという理由で退職。この時、貯金は200万円でした。10歳ほど年が離れた後輩ちゃんに、「え~?仕事を辞めるとお金が心配になりませんか?私もいつか好きなことがしたいけど、金銭面で踏み切れない」と心配されたことを覚えています。30歳過ぎたばかりの私より、よっぽどしっかりしていますね。

仕事を辞めてスクールに通う

勉強をするという名目で辞めたのはただの口実ではなく、ほんとに(当時は)やりたいことがありその勉強をするためにスクールに通いました。専門学校のような毎日通学する場所ではなく、週に2日・3ヶ月間通い、その後の試験のサポートまでしてもらえるスクールでした。

そのスクール費用は確か40万円ほど。さらに遠方だったため交通費がかなりかかり、備品や自分で揃えた勉強道具、受験費用などなどで30万円は使ったと思います。

新しい推しができた!

同時期の話としては、仕事を辞める少し前に推しができました。当時の仕事は連休のないシフト制で、好きな時に休むことができません。そのため、現場に赴く推し活が全くできない状況でした。1年ほどテレビや雑誌などを見る程度の推し活を楽しんでいたのですが、そろそろ現場に行きたい!と強く思ったことも仕事を辞めるきっかけになりました。

スクール&推し活で充実した日々

仕事を辞めてストレスから解放され、好きな勉強をしながら推し活も楽しむ日々。おぉ、パラダイス♡この時30過ぎてますが……何か?!

それまでの2年半、連休もろくに取れなかったので旅行にも行けない、推し活もできないという抑制された日々。それが一気に解き放たれて、旅行には行くわ、推し活(遠征含む)はするわ、毎週2回スクールで都会に通うわで、羽を伸ばしに伸ばしていました。

当然貯金残額が減る

スクール、推し活、趣味などなどでお金を使うと、当然貯金残額が減っていきます。退職時には200万円あった貯金+失業保険も、みるみるうちに減っていきました。そして、残額50万円くらいになったころでしょうか。この先のことをちょっと考えて……

残額20万円まで好きに暮らそう!

と決意しました。当時の私は、残額50万円あればまだ働く気にはならなかったんですね。これは当然、自宅暮らしだからなせる業で、1人暮らしだったらかなりやばい状況です。と、今書きましたが、そういえば1人暮らしの時も残額50万になるまで好きに暮らそう!と決めたことがあったことを今思い出しました(笑)。

貯金残金20万円になってからの生活

ここまでの流れはとっても良く覚えているのですが、貯金残額が20万円になってからの記憶があまりないんですよ。どうしたんだろう……。

もしかしたら、20万円になる前に働く気になって仕事を始めたのかもしれないし、貯金残額が20万円になったから働き出したのかもしれません。

時期と職歴をあてはめると、スクールに通うために正社員を辞めた次の職場は、新しい勉強に役立つ職種(パート)でした。そうだ。勉強したことを仕事にするために、「これもできた方が良い」と言うことをタダで(正確にはお給料をもらいながら)学ぼうと思ってそのパートを始めたのでした。

この時の心境が「貯金残額20万円を切ったから仕事を探そう。ついでに、将来役立つ仕事内容を選ぼう」と思ったのか、貯金残額のことは関係なしでちょうど良い求人が出ていたから応募したのかは覚えていません。

そして実際に、貯金残額が20万円を切ったかどうかもはっきりとは覚えていませんが……多分、20万円台にはなっていたと思います。ということは、やっぱり「残金20万円切ったから、そろそろ仕事するかな?」と言う感じで探したのでしょうね。

今まだ働く気になれない

なぜこんなことを急に思い出したのかと言うと、メインのクライアントさんのお仕事を辞めて10ヶ月。まだ積極的に新しいクライアントさんを探す気になれないからです。

体力、気力の低下1番の原因だとは思いますが、基本的に好きなことをして暮らしたいという気持ちが捨てきれないのでしょうね。かといって、今の生活がものすごく充実しているかと言われれば、ちょっと時間を持て余しているような気もします。

ただ、この持て余した時間を仕事(フリーランスの仕事を続けるとなるとPCを使う)に充てた場合、体力的に(目の疲れなど)成り立つかどうかちょっと不安。それに、仕事をやめた当時と比べると、自分としては理想的な時間の過ごし方ができるようになってきました

時々、年金がもらえる年まで何とかこのまま逃げ切れないものか?とすら考えてしまいます。ただ私の場合人生の中で正社員時代がとても短く、パート、派遣、バイト、フリーランスが多いので、年金はほとんどもらえないんですよね。う~む。やはり一生何らかで稼ぎ続けたいな。

なんてことをつらつら思っていたら、そういえば過去に貯金残金20万円までは好きに暮らそうと思ったことがあったなと思い出したというわけです。

それで、こんな内容のないブログを書いていしまいました(汗)。でもこれも私の頭の中の一部なので、数年後に読み返すと案外面白いかもしれません(私が)。とりあえず、今はもう少し仕事探しではなく自分自身のことに集中したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました