スポンサーリンク

目の下のクマは口紅をコンシーラーにして消す【クマ狩り記録その2】

節約中の美容の話

数日前に、目の下のクマを撃退すべく「クマ狩りの旅」に出ることをお伝えしました。今日は、事後報告というか、途中経過をお伝えしたいと思います。ちなみに前回の記事は以下の通り。

翌日から色々な順番で試したので、その模様をお伝えします。

スポンサーリンク

口紅でコンシーラーを消す順番

最初に「口紅でコンシーラーを消す方法」を紹介しておきます。

口紅でクマを消す準備

~用意するもの~
・赤い口紅(赤リップ)
・イエロー、ベージュ、オークル系のコンシーラー(なくても可)
・ファンデーション

~私が使っているもの~
・「シナモンレッド」という名称の口紅
・スティックタイプのファンデーション
・ファンデーションやフェイスパウダー
・ハイライト

ネットなどで調べてみると、とにかく 口紅(赤いリップ )とファンデーションがあれば何とかなりそうです。サイトによっては、通常のコンシーラーも併用しています。

私は今、ものを使い切ることを意識しているので、今回の「クマ狩り」に関しては、現時点では家にあるものだけで対応しています。そのため、これがベスト!と言うアイテムではなく、使えそうなものを集めたという感じになっています。

口紅でクマを消すやり方

私がネットで得た情報によると、口紅でクマを消す順番は以下の通り。

~口紅でクマを消す順番:その1~
1:目の下のクマに赤いリップをなじませる
2:上からファンデーションで押える

~口紅でクマを消す順番:その2~
1:目の下のクマに赤いリップをなじませる
2:その上にコンシーラーを重ねる
3:上からファンデーションで押える

要するに、赤色→ベージュやオークルという順番で色を重ねれば良さそうです。自宅にあるもので、早速チャレンジしてみることにいたしました。

赤リップ(口紅)でクマを消してみた!

前回の「クマ狩り記事」では、「翌日は人と会う予定があるので、失敗すると嫌だからやらない」と言っていましたが、思い立ったが期日。とにかくやってみたくてしょうがなかったので、記事を書いた翌日から試してみました。

初日:リップを始めてクマに塗る

初日。人と会う予定があったので、失敗を恐れて「控えめに」を意識しながら初挑戦。私が使っているリップは比較的肌に優しいものだそうですが、色素沈着予防肌表面を整えるために、MIMURA SSを使用。(モニターさせてもらったのですが、恐ろしいくらい(褒めてる)肌がフラットになります)

はやる気持ちを抑えきれず、スキンケア終了と共に目の下のクマの部分にMIMURA SSを塗り、口紅を薬指に取ってクマにペタペタ。真っ赤ではなく赤黒い発色なので、なんとも不健康そうな見た目になりました。ただ、赤黒さが功を奏し、この時点ではクマはかなり隠れているようです。

次に、スティックファンデーション(こちらもモニター品)を薬指にとり、赤リップを塗った上にポンポンと重ねる。うぉっ!なんと……なんと、クマが結構隠れているではありませんか!不健康そうな見た目だった赤色は、スティックファンデを乗せると消えました。

ここまで来てはたと気づく。顔全体に使う、日焼け止め兼化粧下地をまだ塗っていませんでした。クマの部分と、ついでに頬にある1cm大のシミにも口紅&スティックファンデを使用していたので、その上をできるだけ擦らないように日焼け止め兼化粧下地を塗りました。

最後は、パウダーファンデーションとフェイスパウダーの中間くらいの、軽めのパウダーファンデーションをフェイスブラシでなじませて終了。

鏡を見ると……

え?!結構いい感じじゃない?!

初日からいきなりの効果に驚きを隠せませんでした。

勿論、私の頑固なクマは簡単に退治できるものではありませんが、光の当たり具合によってはほぼ気にならず、見慣れた顔よりも少し若々しい表情になっていました。

2日目:昨日より念入りに……

2日目は外出予定が特になかったので、1日目より念入りにクマ対策に乗り出しました。昨日、控えめにやってあれだけクマが薄くなったんだから、しっかり赤色を乗せればどうなるだろう?と考えたのです。

結論から言うと……惨敗。赤色が濃すぎたのでしょうか?それとも、塗る範囲が広すぎたのでしょうか?うっすらと赤黒い影ができ、目の下のたるみの様に見えてしまいました。昨日+15歳はいってそうな見た目です。

加えて、2日目は手順を少し変えてみました。スキンケア後に、日焼け止め兼化粧下地 → クマとシミに口紅 → 口紅の上にスティックファンデ → クマとシミ部分にパウダーファンデ(1日目よりしっかりしたファンデ) → 顔全体に1日目と同じ軽めのパウダーファンデをブラシでのせる という手順です。

目の下が赤黒くなったことはすでにお伝え済みですが、パウダーファンデをしっかりと重ねたことで、シワというかというか、ゾウの肌のような亀裂が走っていました。もしかすると、肌をフラットに整えるMIMURA SSを使っていないからかもしれません。

加えて、チークも盛大に付けたことで、かなりの老け顔に。大失敗です。2日目を終えて、やっぱり予定のない日に試すほうが安心だなと感じました。

3日目:ハイブリッドにチャレンジ

3日目は、想像以上に効果が実感できた1日目と、メイク中はしっかり隠れている気がした2日目のハイブリットバージョンにチャレンジしました。

スキンケア → 顔全体に日焼け止め兼化粧下地 → クマとシミ部分にMIMURA SS口紅スティックファンデ 軽めのパウダーファンデをブラシで乗せる

という順番です。口紅の量は1日目と同じくらいで、とにかく控えめにを意識しました。その結果……

う~ん、昨日よりはいいけれど、初日よりは劣るかなぁ。

という実感です。ただ、もしかすると天気(彩度)の関係で、目の下の影が目立ってしまっているのかもしれませんし、初日、2日目と目の下のクマが薄い自分を見慣れてしまって感動がないだけかもしれません。

そうそう、2日目と3日目は、ハイライトで目の下の影を飛ばすという作戦を行っているのですが、もしかすると色々塗りすぎて老けて見えているのかも???

この記事を書くにあたり、今日何度も鏡を見ているのですが、「クマが薄い自分を見慣れたのかも」を意識して顔を見てみると、確かに口紅の効果は出ているような気もします。

う~ん。これは明日一度、口紅コンシーラーなしでメイクしてみる必要があるのかもしれません。もしくは、化粧下地の前に口紅とスティックファンデを塗る順番(初日と同じ)にしてみるとか。とにかく、明日も今日とは違う順番で試してみます!

明日からも研究を続けます!

口紅コンシーラーを始めてからの3日間は、このような結果になりました。ただ、現時点でやめていないということは、少なからず手ごたえを感じているということで……。しかも、手持ちのアイテムだけでできています。

なので、明日からも研究を続けてみたいと思います!

また、今回口紅コンシーラーを始めたことで、私自身の肌で気づいたこともありました。長くなるので、また別の記事にしてアップしたいと思います。

憎き(というかすでに諦めていた)クマですが、対策を考えて色々試してみるのは楽しいですね。そしてメイクをきれいに見せるためには、ベースとなる肌を整えなければいけないことも再確認しました。

これから空気がどんどん乾燥してくるので、しっかり保湿を心がけようと思います!試した結果は、また後日談としてお伝えします。

↓ これが噂の MIMURA SSです。顔全体に使用する場合でも、1回につき米粒ひとつ分の脅威の化粧下地です(笑)。

化粧下地 化粧崩れ防止下地 毛穴 ミムラ スムーススキンカバー 20g 送料無料 日本製

タイトルとURLをコピーしました