スポンサーリンク

仕事を減らしたハズなのに…

仕事の話

今日のタイトル。「仕事を減らしたハズなのに…」は某映画のタイトルを拝借しています。

さて、このブログでも何度か書いている通り、7月から仕事を3/4に減らしました。

それなのに、何故???な出来事が起こり、少々困惑しておりますです。はい。

スポンサーリンク

仕事を減らしたのに増えてる?

7月から仕事を減らしたものの、1月から続いた仕事への疲労感&ストレスが残っていたため、あまり仕事を減らした実感はありませんでした。

そんな私も8月からは仕事がスムーズに周りだし、週休4日という嬉しい日々が始まりました。収入面では大変だけど、仕事を減らして良かった~と心から思いました。

ところが……!!!

なんと、仕事の仕様変更があり、今月から地味に仕事の量が増えています。しかも、分量としては地味すぎて、収入は雀の涙程もアップしておりません。ほんと、数十円の世界。

しかも分量は地味にアップですが、時間と労力は結構なアップです。もし選べたのなら、雀の涙程の収入アップはいらないので、増えた業務は受けたくなかった。。。

何故か相談もなく、決定事項として伝えられました。あぁ、仕事を減らしたハズなのに、またまた仕事のストレスが増えてしまった

毎回こんな感じなんですよね。私はできる限りこの仕事を(楽に(笑))続けたいから、仕事でストレスを感じないように工夫しています。その工夫が今回は仕事を減らすことだった訳で。

正直今年に入ってからは毎日「辞めたい」と思っていましたが、今辞めるのは得策ではないと思い直し、辞めるよりマシだと思って収入減を選びました。

仕事を減らす前も、心を閉ざしてみたり、無の心境で対応してみたりと色々工夫をして仕事を続けてきましたが、私が工夫してこれならイライラもマシになると思うと新たな改悪。また対処して、これならどうだ!と思うと、また改悪

まるで、いたちごっこです。どこまでもどこまでも追いかけてきて、決して私に心地よく仕事をさせるものかと目を光らせています…っていうのは冗談ですが、本当に腹が立ちます(笑)。

多分、できるだけこき使ってやる!と思われてると思う

結構確信に近い「多分」なのですが、「できるだけこき使ってやるー!」って思われてる。

以前、私たちの業務を快適にするためと称して行われたアンケートの中に、「仕事1本あたりにかかる時間はどのくらいですか?」というのがあって、ちょっと怖かったです。

仕事の依頼や報酬は分量制なので、かかった時間は関係ありません。早く出来ても、遅くできても、クライアントさんには関係ない話です。

ここで謙遜してもしょうがないので事実を書きますが、多分私は1本あたりかなり早く書くほうだと思います(出来はさておき)。でも、私が早く書けるのは、これまでしっかり育てて下さった今までのクライアントさんのおかげで、今のクライアントさんのおかげでは決してありません。

むしろ、今のクライアントさんの細かくて独特な指示に従っているうちに、文章がおかしくなってしまいました(癖が強い!Byノブさん)。

多分、「○○分で○○円って高すぎるよね?もう少し量を増やしちゃえ!」っていう標的にされてそう。疑り深いと思われるかもしれませんが、頑張れば頑張るほど不当に扱われ続けた結果なのですよ。。。

なので、かかった時間は少し多めに、でもあまりにも嘘を書くとシステムからバレちゃうと思うので、適度に多めに申請しておきました(笑)。

経済的ゆとりを手に入れて好きなことを書きたい!

と、散々不満をぶちまけましたが、今の仕事を続けているのは当然メリットもあるからなわけで……。でも、一刻も早く経済的自由を手に入れて、好きなことだけして生きていきたいなぁ。

書くことは好きなので、仕事を辞めても、ブログでもSNSでもなんでも書くことは続けたいです。

いくつまでに、いくら貯める?モチベーションをあげるためにも、ちょっと真剣に考えてみようかしら?!そして、最近改悪された仕事を内容に早く慣れて、スムーズに仕事を終えられるようにしたいです。(仕様変更後は、3日で終わるはずの仕事に5日かかってマス)。゚∵・(ノД`)∵゚。

今日は長々と仕事の愚痴を書いてしまった!ここまで読んでくださった優しいあなた!ありがとうございます。そんな優しいあなたに、たくさんのハッピーが降り注ぎますように!

ストレス解消と運動不足解消に良さそう。ほしい。

仕事の話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yururiをフォローする
40代の節約・貯金ブログ~そろそろお金の話でもしましょうか~
タイトルとURLをコピーしました