スポンサーリンク

【クレンジング】コスメモニターで自分の好みがわかる【節約美容】

節約中の美容の話

少し前になりますが、またまたコスメモニターに当選いたしました。2年半程まえからはじめて、定期的に参加させていただいているので、美容代の節約につながり大変助かっています。

そして、気付いたのです。コスメモニターは美容費の節約だけではなく、自分の好みの「コスメのタイプ」を知ることができるということに!

今回は、2年半のコスメモニターを通してわかってきた、好みのコスメのタイプを書いてみたいと思います。第一弾として、今回は「クレンジング」に焦点を当ててみました。

スポンサーリンク

好みのタイプのクレンジング

はっきり言って、「誰得?」という気がしないでもありませんが、暇つぶしにご覧いただくことで「確かにこういったタイプのクレンジングは使いやすいかも?」なんて思っていただけたら幸いです。

クレンジングはW洗顔不要が好き

今使っているクレンジングは、モニターで頂いたW洗顔不要タイプなのですが、やっぱり私はW洗顔不要のクレンジングが好きだと言うことに気づきました!

お風呂に入るときに1つだけ持って入って、ササッと落として終了~!お風呂場に持って入るアイテムが減るのもうれしいですし、「洗顔」という工程が1度で終わるのもうれしい。

そして、多分……なのですが、顔を1度しか洗わない方が刺激が少なくて良いと感じています。乾燥肌なもので。

私にとってはW洗顔不要タイプのクレンジングはメリットしかないので、今後自分でクレンジングを購入することになったら、W洗顔不要タイプを選ぼうと思います。

ただし、次に紹介する項目と被る部分もありますが、W洗顔不要タイプで顔に皮膜感が残ったり、「洗顔しないとすっきりしない」と感じるものは好きではありません。洗浄力はちょっと重視しています。

クレンジング力はある程度ある方が良い

クレンジングで良く言われる「洗浄力と肌への負担は比例する」という言葉。確かに事実だと思います。

ただ、この言葉が謳われだしたのって、もう20年くらい前だと思うんですよね。そして、あと少しで2020年に突入しようという今!高クレンジング力を持ちながら、肌への負担が少ないクレンジングもたくさん販売されているような気がします。

高クレンジングでも低刺激。これは、コスメモニターとして数々のクレンジングを使わせてもらい、私自身が実感していることでもあります。

もちろん、普段ノーメイク、もしくは洗顔料だけで落とせるメイクアップアイテムを使用している方が、わざわざ高クレンジング力を誇るクレンジングを使う必要はないと思います。

ただ、バッチリメイク(古い?)ではないにしろ、色がついた日焼け止め兼化粧下地+ファンデーションを重ねる方、チークやアイシャドウなどのポイントメイクをする方なら、ある程度のクレンジング力はあった方が良いのではないかと。

これまでモニターで使わせていただいた、「肌に優しい」が特徴のクレンジングの中には、化粧品が毛穴に残るため、力を入れてゴシゴシこすってしまったり、必要以上に何度も洗顔をすることになったり、植物オイルが肌に残って次に使う洗顔料すら弾いてしまったりという商品がいくつかありました。

私にとっては、これはかなりのストレスです。

だったら、自分の肌に刺激を感じない程度に高い洗浄力を持つクレンジングを選び、軽くなでるように、短時間でササッとメイクを落とす方が肌にも心にも優しいのではと気づきました。

ただ、どの成分を刺激に感じるのかは個人差があります。なので、「自分の肌が刺激を感じないクレンジング」であることは重要です。自分の肌が刺激を感じない物の中から、ある程度クレンジング力があるものを選びたいと思います。

「塗れた手OK」は必要なし!

クレンジングの中には、「濡れた手・顔にもお使いいただけます」と記載されたものがあります。一見便利に見えるこの商品。私的には「あまり意味ない」と感じています。

なぜなら、良く目を凝らしてみて見ると「たくさん水が付いている場合は、軽く拭き取ってからご使用ください」などと書かれているから。

また、実際に使ってみた感覚としても、やはりクレンジングは「濡れてない手・肌のほうが良く落ちる」んですよね。私はポイントメイクリムーバー以外は、浴室でクレンジングを使用することが多いのですが、顔や手が濡れていたらタオル(硬く絞ったタオル)で手も顔も拭き取ってから使用します。

となれば、「濡れた手OK」は、あまり意味がない。反対に、「濡れた手OK」じゃなくても、入浴のために持って入ったタオルで軽く拭き取れば使用できる。なので、「濡れた手OK」はあまり重要視していません。

拭き取りクレンジングはやっぱりイマイチ

乾燥肌の私は、拭き取りタイプのクレンジングをずっと敬遠していました。ある時、モニターで試させていただくきっかけがあり使ってみると、「わ~!拭き取りって超いい感じ!」だと気づいたんです。それはもう「今後、クレンジングは拭き取りにしよう!」と思うくらい。

時は流れて、またまた拭き取りタイプのクレンジングのモニター募集があり、いそいそと応募。そして使ってみると……「ん~?なんか違う」。メーカーが違うからでは?と思われるかもしれませんが、実はメーカーも同じ

リニューアルした商品だったようで、前回モニターに参加していても再度モニター参加OKだったんです。なので、実際には「より良くなった(はず)」の商品です。

そして気付きました。「時期が違う」ことに!

前回使ったのは、初夏から夏にかけての暑い時期。そして、2回目に使わせてもらったのは、秋から冬にかけての寒い時期。乾燥肌の私にとっては過酷な時期でした。

それなのに、冷たいローションタイプのクレンジングを、コットンにひたして肌をすべらせる。。。結局、前回使った時ほどの感動が感じられず、時折「肌がヒリヒリする……」と感じるようになりました。

最後まで使い切りましたが、コットンを購入する必要もあるし、秋・冬は私の肌には向いていないし、最終的な感想としては「拭き取りタイプじゃない方が良い」となりました。

プラスアルファの機能もおもしろい

絶対に必要というわけではありませんが、プラスアルファの機能があるのもおもしろいと思います。例えば、使っているうちに肌が温かくなるホットクレンジング。肌に乗せるととろけるようなバームタイプ。そして、うっとりしたり、すっきりしたりと心への効果も感じられる香り付き

こういったものも、気分転換に良いなと思っています。モニターで本製品を1つ使い切る頃には、どのような商品だったのか、そして自分は気に入ったのか、肌に合うのかどうかがはっきりと見えてくるので、いつか自分で購入するさいの目安になります。

中には最初はイマイチだと感じていても、使い切る頃には好きになっていたり。感想の提出(ブログやSNS)は必要ですが、無料でおためしさせていただけるのはありがたいことです。

自分にあった商品って大事

今回は、クレンジング編としてお伝えしました。肌に個人差があるように、自分に合った商品って自分で探し当てるしかないんだなぁと実感しています。コスメモニターは、お得に自分にあう化粧品、もしくは自分が使いやすいと感じるタイプを探すことができるサービスだと思っています。

勿論、使った感想を正直に、決められた期限までに提出することは大前提ですが。もし、良いものを人に薦めるのが好きと言う方や、コスメやサプリが好きと言う方、文章を書くのが苦にならないと言う方がいらっしゃったらおすすめです!

(私が利用しているモニターサイトは以下の記事で紹介しています。よろしければごらんください。ただ最近の案件に「~40歳まで」というものが多く、地味に凹んでいます(笑))

関連記事↓↓
節約するならコスメモニターがおすすめ!2年間コスメを買わない女

タイトルとURLをコピーしました