スポンサーリンク

2019年に明確になった「お金を使うときのルール」

おひとりさま日記

今日で2019年が終わりです。昨日のブログに書いた通り、午前中から14時頃までおせち料理をつくっていました。予定より少し早く終了!あとは少し早めにのんび~りお風呂に入って洗濯を済ませるだけ。

あぁ、今年のやるべきことは(ほぼ)終わりました。そこで、今年最後のブログを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブログを始めて見えてきたこと

2019年ブログ納めです。と言っても、スタートしたのが7月からなので、まだ6カ月だけ。しかも毎日書けたわけでもなく、昨日まででちょうど100記事のようです(今数えてみた)。おおっ!今日で100記事目だったらキリがよかったのに。

初月は1カ月で28記事と良いペースでしたが、その後どんどん失速(笑)。2020年はもう少しコンスタントにブログを書きたいと思っています。でも、こんなに更新頻度の低いブログでも、お金について考え直す良いきっかけになりました。

私が思う節約とは「有意義なお金の使い方をすること」

ブログを始めた頃は「お金をできるだけ使わないようにして、貯金を増やそう!」と思っていたのですが、そのやり方は私には向かないことがわかりました。

そして、私が実行したい節約方法は「有意義なお金の使い方をする」ことだということに気づきました。この基準を意識することで、「無駄遣い」は無くせると感じたんです。

有意義なお金の使い方なら、なんでもいい!例えばちょっといいお店のスイーツを買って「ウチカフェ」を楽しんでもいいし、何度も読み返したくなるような本を買っても良い。何時間でも見ていられるような絶景を観に行く旅行費用にしてもいいし、心身共にほぐれるような温泉に行くのも良い。

ただ、後で後悔するようなお金の使い方や、「なんとなく」「とりあえず」でお金を使ことは辞めようと思いました。お金を使う前に「本当に満足できるのか?」「支払った以上の価値が得られるのか?」と自問自答することで、無駄遣いをしなくなりました

2019年私がやめた無駄遣い

ブログの初期の収支報告には、「ポテチ」などのスナック菓子系の出費がたくさんありました。ポテチは美味しい。食べたかったものを食べられた充実感満足感もある。ただ、「また食べちゃった」「体重が増える」という後悔もある

そこで私は、とりあえず期限を区切ってしばらくポテチを買わないことにしてみました。するとどうでしょう。ないならないで何とかなる!しかも買わないのだから、食べてしまった後の後悔もない。さらにポテチ代を、他のもっと満足度が高いものに使うことができると良いことだらけ。

例えば、ちょっと良いスイーツを買ってみるとか、気になっていたカフェに行ってみるとか、健康にも役立つ食品を購入するとか。ポテチってひとつは安いけど、だからこそ一気に4袋とか5袋買っちゃって、それがひと月に2回あればカフェでお茶出来るくらいの額になっちゃうんですよね(明らかに買いすぎ)。

そして、ポテチを食べるより、カフェやちょっと良いスイーツなどを買う方が、断然満足度が高いですし、良い時間を過ごすことができるんです。

最初は期限を区切って始めたのですが、結果的にはそれ以降一度もポテチは購入していません。スイーツやお菓子類は「これなら満足度が高い!」と自分で納得できる商品を買っています。

なんだか「ポテチを買わない」なんて、子どもの約束のようですが、「ポテチを食べた後悔」もなくなり、その代わりにもっと上質な時間満足度の高いお金の使い方ができていることがうれしいです。

2020年も満足度の高いお金の使い方を

2019年にブログを始めたことで、「満足度の高いお金の使い方をする」というルールを明確にすることができました。これまで「安いから」と見逃していたものも、一つずつチェックしてみると「絶対に必要なものではない」「ものすごく欲しいわけではない」ものが多々あります。

そう、特に「低価格」「安い」「値引き」「お値打ち」「半額シール」などに要注意です(と、自分に言い聞かせています)。もちろん、定価でも欲しいものの場合、値引きはうれしいのですがね。2020年もこのルールに従って、有意義なお金の使い方を続けていきたいと思います。

そしてもう一つ。

「自分が楽しいと思えることで収入を増やしたい」ということが目標です。目標金額は決めていませんが、毎月、先月よりも多く(笑)、そして、来年の今頃に2019年より楽しみながら収入を増やすことができたと実感できるよう頑張ります。

2019年、このブログをご覧いただきましたすべての皆さま。ありがとうございました!どうぞ、良いお年をお迎えください!

「好き」を「お金」に変える心理学 (PHP文庫) [ メンタリストDaigo ]「好き」を「お金」に変える心理学[ メンタリストDaigo ]

タイトルとURLをコピーしました