※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

街のお店ではじめてLINEポイントでお支払い!

おひとりさまのお金の話

普段から、ポイント、ポイントと言っている私ですが、どうもLINE ポイントだけはあまり使いこなせていませんでした。というのも、みなさんが普通にLINEを使い始めてから3年後くらいにやっとLINEを始め、かなり出遅れていたこともありなんとなくLINEに苦手意識がありました。

しかも、友達がいない厳選されているので、いまだにLINEに届くの99.9%は企業からのお知らせです。

そんな私も最近になってようやくLINE ポイントをこまめに集めるようになり、先日初めて街のお店でポイントを使ってみました

スポンサーリンク

LINEポイントをLINE payで使う

LINEポイントを街のお店で使うためには、LINEのウォレットというページを開いて、LINE payをクリックします。

すると、LINEPayを利用するページが開き、「コード支払い」や「コードリーダー」「請求書払い」などのボタンがあります。

今回私が利用したのはコード支払いでして、コード支払いというボタンをタップするとバーコードQRコードが表示された画面が開きます。コードの下にはLINE Payの残高欄LINEポイントを使用と書かれた欄があり、LINEポイントを使用にチェックを入れてボタン(?)を緑色にすると現在たまっているLINEポイントがLINE Payで使えるようです。

私はあまり詳しくないのですが、どうやらLINE ポイントを使うにチェックを入れておくと、LINE Payの残高よりポイントが優先的に使用されるようです。

使い方としては、私が良く利用している楽天ペイと同じ感じなので、1度使ってしまえば次回からは考えることはなくスムーズに使えました。

実は過去にもLINEポイントを街のお店で使ったことがあったのですが、その時はLINEポイントをLINE Payに交換(?)して、物理カードで支払っていました。その時は確か「JCBで!」といって支払っていたんですよねぇ。(懐かしい)

その物理カードで支払うシステムがなくなったという噂を聞き、それ以降LINEポイントをほとんど貯めることもなく最近まで過ごしてしまいました。それでもちょこちょこポイントは貯まっていたようで、以前わらしべ長者的にミスドの福袋を手に入れました(笑)。

そんなこんなで、あまり積極的にLINEポイントは集めていなかったのです。ところがこの不況(私的不況です。このご時世で今月から仕事の量が減ってしまいました)。使えるものは積極的に使おうじゃないか!と、なんとな~くたまっていたLINE ポイントを、LINE Payで初めて使ってみました。

街の買い物の支払い使える!素敵!!いやぁ、でもこうなるとあれですね。

もっとLINE ポイントを貯めたくなりますね!普段買い物をしているお店で使えるとなると、私にとってLINEポイントはもう現金と同じです。しかも、キャッシュレスなのでスムーズに支払えるし、ポイント払いは一応家計簿には付けていますが、現金が減ったわけではないので収支の計算はしなくてもいいので、買い物の後もとっても楽ちん。

ということで、最近は企業のお知らせをチェックしたり、チラシをチェックしたりしながら、コツコツとポイントを貯めています。

お金はそこここに散らばっている?!

数年前に楽天カードを作ったのがきっかけで、ポイントを貯める、使うことが増えたのですが、それ以降「お金っていろんなところに散らばっているなぁ~」と感じています。丁寧にひとつひとつ拾い集めれば、ある程度まとまった額になり、欲しかったものが買えるのでありがたいです。

特に、生活に絶対必要なわけではないけれど、あれば心が潤う系の買い物をするときにポイントだと買いやすくて本当にありがたいです。

ただ、中には労力に見合わないポイント取得方法もあったりするので、できるだけ効率よくポイントがもらえるものを選ぶようにはしています。時間がかかって、眼精疲労になって、それで0.5円だとお得ではないと思うので。

ただ、半年に1度くらいの頻度で思い出してやりたくなる名刺入力は、本当に割が悪いお仕事ですが、データ入力が趣味の私にとってはある意味ストレス解消だったり、遊び感覚だったりするので、たまにだったらやってもいいかな~と思っています。でも、1時間で数十円程度と、収入は期待できませんけどね。

これからも、いろんなところに散らばった小銭を、ていねいに拾い集めていきたいです。

こちらの貯金箱、500円玉を貯めていくと300万円になるそうです!

タイトルとURLをコピーしました