スポンサーリンク

自分借金の合計額~9月1日時点~裏ワザで大幅に減らしました

自分借金

9月1日時点の自分借金の合計額をまだ記録していませんでした。

自分借金とは、仕事をしていなかった間に自分の貯金から借りた生活費のことです。最も多い時期で464,000円ありました(汗)。

自分借金の経緯は下記リンク先に記載しています。

その額を、裏ワザ(と言っても皆様に役立つような内容ではなく、ただのズルです)を使って大幅に減らした今回。

残金はいくらになったのでしょうか?!

スポンサーリンク

自分借金~2019年9月1日時点~

先月、8月1日時点での自分借金の総額は397,000円でした。

そして今月。2019年9月1日時点での自分借金の残高は396,000円です!

先月に引き続き……1,000円しか減っていません!!!先月も書きましたが、このペースで返済したら33年以上かかるという、悲惨を通り越して笑うしかない状況です。いやはや、情けないです。

自分借金の返済計画を更に変更します!

このブログを始めた当初は、貯金よりも自分借金の返済を優先するつもりだったのですが、あるときふと「1年間で100万円貯金しよう!」と決めたことにより、自分借金への返済が後回しになりました。

自分借金の返済も貯めるつもりの貯金も、入る口座は同じです。それならよりモチベーションが上がる「貯金」に重点を置こうという試みでした。

ただ、最近仕事量が低下し、このままでは本当に返済までに33年かかりそうです(汗)。いつまでも借金があるという心理状態は決して良くないと思うので……

裏ワザを使うことにしました!

自分借金を一瞬で減らす裏ワザとは?!

さて。私が使った姑息な手裏ワザとは、いったいどのようなものだったのでしょうか?

ひと言で言うと……

自分借金とカウントしていた項目を見直す!

です。おおぉ~!我ながら姑息ですね(笑)。

自分借金にカウントしていた項目

これまで自分借金のカウントは、お給料をもらっていない間に支払った分全額貯める予定だった金額全てをカウントしていました。食品や雑貨を購入したり、趣味に使ったお金、支払った保険料や税金はもちろん、これまで通り収入を得ていたら貯金するはずだった貯金額と毎月のiDeCoまで!

貯金額やiDeCoまでをシビアに自分借金だととらえていたことは良いことかもしれませんが、その裏側に「すぐに返せるはず~(*`艸´)ウシシシ」という読みの甘さが見え隠れしていますね。

iDeCoに月々6万円、昔かけていた保険と現在の保険料の差額(普通の貯金とは分けて計上。名づけるとすれば、「万が一のための貯金」でしょうか?)分の5,500円、合計65,500円分も毎月の借金としていたのです。

やっぱり、借金を舐めてますね。。。

iDeCoと万が一のための貯金分をカウント外にしました

先月・今月と2カ月連続で自分借金の返済が1,000円だったこと、どうせ入れる場所が同じ口座なら借金よりも貯金と考えたいこと、借金という響きが私の精神状態をむしばみそうなこと(?)、現在の私には毎月iDeCoに6万円をかけながら、追加で約40万円の借金を返済するのは荷が重すぎること。

これらの事実により、姑息な手の裏ワザではありますが、自分借金からiDeCo分と万が一のため貯金分を除外することにしました。

改訂版!2019年9月1日現在の自分借金はこちら!

昨年の手帳を引っ張り出して計算してみたところ、その合計金額は318,000円

と、言うことは……

396,000 - 318,000 = 78,000円!

おおっ。なんだか光が見えてきました!!これなら月々1,000円の返済でも6年半で返済できそうです!(長い……)いえ、これなら「頑張って、とっとと返しちゃおう!」という気持ちになれそうです。

気が軽くなりました!返済頑張るぞ~

自分借金は、あくまでも自分の中の借金ではありますが、ず~っと「借金」「返済」という言葉がまとわりついていて、心が重たかったんだなぁと改めて思いました。

本当にズルい手を使いましたが、やってよかったです。ただ、今年は月々の収入では賄えない支出多く、貯金から支払う金額が高額になることが決定しているので、結果的にはトントンどころかマイナスですが。

それでも、「借金」の額がかなり減ってうれしいです。なので、今年貯金から支出する分は借金としてカウントせずに、必要経費(PC、スマホ、歯科代なので本当に必要経費なのですが)と考えようと思います。

はぁぁぁぁ~。何はともあれ、ちょっとすっきりしました!残りの78,000円を早く返済してしまいたいです。頑張ります!

  • にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

タイトルとURLをコピーしました