スポンサーリンク

自分借金の合計額~2020年1月1日時点~

自分借金

月初のお約束(?)、2020年1月1日現時点での自分借金の合計金額のまとめです。苦しいときも、月々1,000円だけでもコツコツと返し続けた自分借金。2020年に完全返済することは可能でしょうか?

では早速チェックしてみましょう!

スポンサーリンク

自分借金~2020年1月1日時点~

2020年1月分の自分借金の返済額は………

ジャージャンッ!

5,000円です!!!

11月12月に引き続き、1月5,000円返済することができました!ビバ!(いや、全然だけど)

ということで、1月1日時点での自分借金の合計額は、

67,000 - 5,000 = 62,000円

となりました。

少しずつですが、確実に減らすことができています。ありがたや、ありがたや。最近、このフレーズばかりですが、やっぱりありがたいですよね、お金があるということは。(まだ自分借金は完済できていませんが)

2020年の内に返済できるのか?

自分借金はいくらからスタートしたのだろう?と思って調べてみたところ、借金しながら返済していたため、正確な借金の額をサッと確認することができませんでした。でも、残りはあと6万2,000円。

以前ブログでも書いた通り、姑息な手を使って31万8,000円を自分借金から免除するという暴挙に出てもまだこの残額です。できれば今年中、それも早めにかたをつけたい。

6万2,000円か。。。2カ月間かなり切り詰めれば、一気に返してしまえる額のような気もします。ただ、予算の割振りのときにそれをすると、結局別のところ(現段階では交際費)から借金をするハメになりそうなんですよね。

年内完済を目指して手堅くコツコツ返していくか、月初の予算割振りの時にドドンと返済して、もし足りなければ「自分借金」には計上しない手元のお金(交際費)でやりくりするか、迷うところです。

う~ん。でも、今、たった今の気持ちとして、一気に返してしまいたいところです。悩む……。

完済スケジュールが今後の課題!!!

先ほど書いた通り、今現時点での気持ちでは、次回とその次で3万1,000円ずつ返済して、自分借金をクリアにしたい気持ちです。今年はまだ「推し事」の予定もないし、今のうちに返しちゃうのも一つの手かも。

ひと月3万1,000円ずつ2カ月連続で返済するとなると、月々の自由に使えるお金(雑費)や、推し事に備える趣味費、旅行などに行くための趣味費への割り当てがなくなる

ただ、その分は、今となってはほぼ使い道のない交際費(年齢的にもお祝い事が減ったのでね)から捻出して賄うこともできなくはない。うん。いいかも。いい考えかも。

今月末までじっくり考えて、最終的には「その時の気分」(相変わらずのどんぶり勘定)で決めたいと思います。再来月には「祝!自分借金完済」という記事が書けますように。

1年で150万円貯める家計管理術 [ なな ]

タイトルとURLをコピーしました