スポンサーリンク

消費税10%の威力たるや……外食に行きました

おひとりさま日記

本日、外食に行きました。引き落とし以外では、10月に入ってからはじめてお金を使いました。

外食だったので、しっかり消費税が10%!しかも、電子マネーには対応していませんでした。実際に支払ってみると、やっぱり10%の威力はすごいですね(汗)

スポンサーリンク

消費税増税10%へ!1300円が1430円に……

当然と言えば当然なのですが、1,300円のランチが1,430円に。純粋に考えて、130円あればペットボトルの飲料だって購入できるし、スナック菓子も買えるよなぁ。パンも……などと遠い目をしてしまいました(笑)。

昔まだ消費税がなかったころ、海外では買い物をするたびに、10%もの税金がかかることがあるらしいと聞いて驚いたことを思い出しました。

増税はしょうがないことだと思うのですが、それなら「ゆりかごから墓場まで」的に面倒を見てもらえると良いのですが……。

ベーシックインカムは実現するのか?!

一昨年ぐらいだったでしょうか。本を読んでいると、ベーシックインカムの話が出ていました。ベーシックインカムとは、国が最低限の生活保証をしてくれる制度の事だそうです。

例えば、人ひとりが最低限の生活を送るため月10万円必要だとしたら、国民一人ひとりに10万円が給付されるという制度(だったかと思います)。

その本には、働きたい人は働けばいいし、最低限の生活で良いと思えば働かなくても良いというようなことが書かれていたと思います。たとえ日本でベーシックインカムが導入されたとしても、絶対に働きたい人はいなくならないので、社会は回ると書かれていた気がします。

たしかに、最低限であったとしても生活が保障されているのなら、好きな仕事にチャレンジすることができます。収入にならなくても、もしくは収入になるまで時間がかかっても生活はできるので、好きなことを仕事にすべくチャレンジしてみようと思う方も多いのではないでしょうか。

もし日本にベーシックインカムが導入された場合、働かなくても生きていけるとしても、私も何らかの方法で稼ぎたいと思います。(もちろん嫌な仕事はしませんが)

私が現役世代と呼ばれる年齢のうちに、ベーシックインカムは導入されるのかな?ちょっとその世界を体験してみたいような気もします。。。

できることからコツコツと

ベーシックインカムの導入が決まったとしても、実際に実施されるのは決定から10年とか15年後とかになりそう(笑)。ということは、現時点で実現が決まっていないと言うことは、私が現役世代の間は難しいのかな?

なので、ほんのりと夢を見ながらできることをコツコツと続けて、少しでも収入を増やしたいと思います!さぁ、がんばろっと!!

AI時代の新・ベーシックインカム論 [ 井上智洋 ]

タイトルとURLをコピーしました