スポンサーリンク

楽天ポイントをカードの支払いに充ててみた!

お金の話

前回こちらのブログで「楽天ポイントの使い方を変える」と宣言していましたが、その時期がやってまいりました!

実際に作業をしたのは少し前ですが、今月27日に引き落とされるクレジットカードの利用料金の一部に、楽天ポイントを使用しています。作業も簡単でいいことだらけですね。

スポンサーリンク

楽天ポイントを楽天カードの支払いに使う

以前ブログにも書いた通り、これまでの私の楽天ポイントの使い方は……
その1:楽天市場の支払いに充てる
その2:楽天ポイントが使えるお店で買い物をする
その3:楽天Edyや楽天ペイにチャージしてお店で買い物をする

でした。

ところがある日、楽天ポイントをもっと有効利用する方法はないかと調べていたところ、楽天クレジットカードの支払いに充てるのが最も良いのでは?という考えに行きつきました。

これなら、楽天ポイント、楽天Edy、楽天ペイの全てに対応していないお店でも、クレジットカードさえ利用できれば楽天カードで支払い、カードの利用料金の支払いにポイントを使うことができます。

さらに、楽天市場で買い物をする場合は、楽天カードで支払いすることで、楽天ポイントで買い物をするよりも貰えるポイント数がアップします。だったら、一旦楽天カードで支払いを済ませて、カードの利用料金にポイントを使う方が断然お得です。

という話を以前ブログでしました。

そして今月、初めて楽天カードの利用料金に楽天ポイントを使うことができました。わくわくしますね(?)。

楽天カードのポイントで支払いサービス

カードの利用料金をポイントで支払うことを、「ポイントで支払いサービス」というようです。いくつか注意点があるのでチェックしてみましょう!

楽天ナビで簡単に操作できる

楽天カードの支払いにポイントを利用する際には、楽天ナビで操作します。操作と言っても、楽天ナビの支払金額が表示されている下にある「ポイントでお支払い」ボタンをクリックして、使いたいポイント数を入力するだけの簡単操作。画面の指示に従えば、難しさはありません。

申し込みは12日~最長24日まで

ポイントで支払いサービスは、毎月12日から最長24日までの受付となります。例えば10日にクレジットカードを利用して、「忘れないうちにポイント支払いの操作を今日中にしておこう!」と思ってもそれはできません。

最長24日までとありますが、これは引き落としに設定している金融機関によって異なります。自分の締切日は楽天e-NAVIの利用明細で確認できます。

利用ポイントは50ポイント以上!

カードの利用料金に当てられるポイントは、1回あたり50ポイント以上となります。「今30ポイント持ってるから、カードの支払いに当てちゃおう!」と思ってもそれはできません。1回あたりの利用可能ポイントは、50ポイント以上~1ポイント単位で設定できるので、下三桁の端数だけポイントで払うなども可能です。

利用ポイント数は、ダイヤモンド会員が50万ポイントダイヤモンド会員以外は3万ポイントが上限となっています。

通常ポイントしか使えません

クレジットカードの利用料金には、通常ポイントしか使用できません。期間限定ポイントは利用できないので注意が必要です。また、他社から交換したポイントや、楽天キャッシュも使用できません。

話はちょっとそれますが、楽天モバイルの支払いになら期間限定ポイントが利用可能です。毎月期間限定ポイントを無駄にしている方で楽天モバイルを利用している方は、是非チェックして見て下さい!

利用できないサービスもある

クレジットカードの利用料金として計上されていても、ポイント払いに利用できないサービスがあります。カードキャッシングの融資金および利息には利用できません

カード毎に設定できる!

楽天カードを複数持っている方は、カード毎に利用ポイント数を設定できます。私は楽天のVisaとMasterを利用していますが、それぞれ使いたいポイント数で申し込みしました。

お得な使い方ができて満足です♪

今回はクレジットカードの利用料金全額ではなく、楽天市場で買い物した分だけをポイント払いにしてみました。Visa、Master併せて8,100円をポイントで支払います。9月初旬に楽天市場で買い回りをしたので、私にしては結構たくさんの買い物をしました。

楽天はクレジットカード利用料金100円につき1ポイント貰えますが、ポイントで支払った分もしっかり貰えます。なので現時点では、クレジット利用料金を楽天ポイントで支払うことのデメリットは無いように思いますがどうでしょうか?

今回は最初からポイントを利用することを決めていましたが、買い物をした時点で使ったお金に計上し、現金も分けておきました。なので、8,100円が浮いたことになります( ̄ー ̄)ニヤリ。何に使おうかなぁ~。ちょっと考えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました