スポンサーリンク

セミリタイアブログを読んだら少しだけ当てはまっていた件

仕事の話

先日とある観光地について調べていたら、あるブログに出会いました。ケチケチせずに……と言うか、かなりリッチに観光を楽しまれていたその方は、なんとセミリタイアをされているのだそう。

文章も楽しくて、ついつい目的の記事以外も読み進めてしまいました。

そこでふと、セミリタイアっていいなぁ……と思ったのですが、あれ?もしかして私、世間から見たらセミリタイアなのかも?という思いが湧いてきました(笑)。

 

スポンサーリンク

夢のセミリタイア生活?

セミリタイアとは?

セミリタイアとは、定年退職を待たずに退社し、プライベートを優先しつつ負担にならない程度に働くこと(だと私は認識しています)。

全員がそうだとは思いませんが、「会社勤め」のイメージは「我慢・辛い・辞めたい」の三重苦だという方も多いのではないでしょうか。

そんな中、「会社」や「仕事」に縛られることなく、自分の采配で働きたいときに働きたいだけ働き、休みたいときに休むことができる(ような気がする)セミリタイアは、やはり憧れてしまいます。

セミリタイアのメリット

私が思うセミリタイアのメリットはこちら!

・今の仕事を辞められる

ずばり、この一点に集約されるのではないでしょうか?

細かいことを言えば、仕事内容を選べる・嫌な上司の下で働かなくても良い・満員電車に乗らなくていい・休みは自分で決められる・プライベートを優先できる・仕事で心身をすり減らさなくても良い、などがあります。

ただ、これらの細かなメリットは、お勤めをされつつ実現している方がいることも事実。また、セミリタイアではなく、比較的シフトの希望が通りやすいバイトやパート勤務などでもそうですよね。

私の現状はセミリタイア状態?

さて。

セミリタイアのメリットと私の現状を照らし合わせてみると、

  • 仕事内容を選べる
  • 嫌な上司の下で働かなくても良い
  • 満員電車に乗らなくていい
  • 休みは自分で決められる
  • プライベートを優先できる
  • 仕事で心身をすり減らさなくても良い

このすべてに当てはまっています。

加えて言えば、

  • 月の勤務は20日以下
  • 1日3.5~5時間勤務(ほぼ午前中に終わる)

まさしく、「小さく稼いで、小さく暮らす」っていう感じですね(汗)。勤務日数に関しては、正直もっと増やしたいくらいなのですが、現状は月々多くてもこのくらいです。GWやお盆などの長期休暇が入ると、もっと少なくなってしまいます。

因みに給料制の働き方ではないので、働いた分しか収入がありません(クライアントを増やそうかな?)。

そんな私とセミリタイアの方との違いはただひとつ!私は老後資金が潤沢ではない事!(でも、この違いはかなり重要(;´Д`))

仕事とお金に関する私の考え方

ここで、仕事とお金に関する私の考え方をひとつ。昔から友達などから呆れられることも多い(多かった)ので、随分変わっているのだと思います。なので、こんな人もいるんだなという程度に軽く流していただければうれしいです。

仕事をして稼ぐことキライではない

基本的に、仕事をして稼ぐという行為はキライではありません。

ただし、自分が良いと思える仕事で、良いと思える環境でなければなりません。これを書くと、「当たり前でしょ?」と思われるかもしれませんが、私の身の回りに「働かなくてもお金が入ってくるなら、一生仕事なんかしたくない」という人もいます。

私は「一生仕事なんかかしたくない派」ではないので、私って仕事が嫌いじゃないのかなと。

因みに気に入っている仕事なら、休日は少なくても良い方です。休みたい日に休めることができればいい、他の日は働いて稼ぎたいと思うタイプです。

嫌な仕事は続けられない

友達から呆れられるポイントは、この「嫌な仕事は絶対に続けられない」という点だと思います。「嫌だな」と感じても「ま、妥協できなくもない」となることもあれば、「絶対イヤだからいつ辞めようか」となることもあります。

これまで勤めに出たものの、結局は退職した「嫌だった理由」は以下の通り。

  • 上司が自分勝手で無責任
  • サービス残業やサービス出勤(ミーティングのみなど)があった
  • 職場に突然キレ出す人がいる
  • 終業後、全員でダラダラ居残りおしゃべりする風習がある(しかも深夜)
  • 日曜休みと聞いていたのに研修があった
  • 女性社員の派閥争い

などなど。

中には、「え?このくらいどこの職場でもあることでしょ?我慢しなきゃ!」と思われそうなものもあると思います。実際友達にもそう諭されたこともあります。

でも、嫌なものは嫌なのです。

嫌な職場で働くということは、仕事が終わったあとも、休日も、ずっとずっと「あぁ~また嫌な職場に行かなきゃならない」と考えてしまうので、365日24時間=仕事を辞めるまでずっと「嫌だ嫌だ」という思いを抱えて生きていくことになるのです(オーバーかな?でも私はそうです)。

だから、「明日仕事嫌だな~」と思う職場は、遅かれ早かれ辞めてしまいます。多分私、みなさんより「嫌嫌センサー」の感度が高すぎるんですね……(´・ω・`)

正規雇用にこだわらない

このポイントも友達から変わっていると言われるのですが、この人生で一度も正規雇用にこだわったことがありません。というか、むしろできれば避けたいくらいです(笑)。

正規雇用だと保険やボーナスなどのメリットが沢山ありますが、その分責任も重たいです。自分で言うのもなんですが、私は融通が利かないほど真面目な面もあるので、すぐに責任のある仕事をおしつけられ任されてしまいます。

それが嫌なんですよね~(書いていて、我ながら情けなくなってきた)。

例え交通費が自腹だろうが派遣社員の方が楽でいいや~!と思いますし、たとえ収入が不安定でも基本的には一人でできるフリーランスの方がどれだけ幸せな日々だと感じられることか。

こういう考え方なので、正規雇用にはこだわっていません。

小さく稼いで小さく暮らす

極論この「小さく稼いで、小さく暮らす」という考え方が根本にあるのかもしれません。ただ、小さく暮らすといっても、「推し事」(好きな芸能人に関すること)を我慢するのは嫌ですし、おいしいものも食べたいですし、ドライブにだって行きたい!

ただ、私が思うおいしいものはさほど高級ではありませんし、ドライブも日帰りで充分。年に1~2回の家族旅行と、自分が満足できるだけの「推し事」ができれば充分です。

ブランドものには興味がないし、洋服も着ていて気分が良いものであれば高級品でなくてもいい。書籍は合う合わないの好みが激しいので、まずは図書館でチェックしてからどうしても手元に置きたいものしか購入しません。根本的に、あまりお金がかからないタイプなのかもしれません。

稼げるときはガッツリ稼ぐ!

小さく稼いで……といいつつも、稼げるチャンスがあればガッツリと稼ぎたい方です。

正規雇用にはこだわらないけれど、将来に関しては備えておきたいタイプ。そのため、できることならしっかり稼いで、ガッツリと貯めておきたい。

「お金なんてあっても、本当の幸せにはなれない」なんて、口が裂けても言えません(いえ、口が裂けるくらいなら何度でも言います)。

お金好き♡お金LOVE♡お金ウェルカム♡で、ございます。

ただそのために、日々の暮らしや心地よさを犠牲にしたくはないのです。毎日「嫌だ嫌だ」と思いながら暮らしたくないので、人さまやお友達から見ると「綱渡り人生」に見えるようです。(独り身だしね)

セミリタイア(風)生活を楽しむ♪

仕事へのスタンスや、現在の仕事状況に関してはセミリタイアですが、貯えの面ではセミリタイアの方々に遠く及ばない私です。

なので、現状をひと言で表すと「セミリタイア風」(ミラノ風ドリアが食べたくなった)になるのではないでしょうか?実は今、クライアントさんの都合で絶賛5連休中です。お盆もそこそこお休みがあったのに……休み、多いよ。。。。仕事プリーズ!

いらっしゃらないと思いますが、私のような「綱渡り人生」に興味がある方は、自宅でお仕事ができるクラウドソーシングというのもひとつの手です。

因みに私はクラウドワークスを愛用しています。登録はもちろん無料なので、興味があれば覗いてみてください。

あぁ~。もう一社クライアントさんを探さなきゃかなぁ……と数ヶ月前から言いながら、まだ本腰を入れて探してはおりません(笑)。



にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

タイトルとURLをコピーしました