スポンサーリンク

クレジットカードのポイント交換をしたら私的には大金になった話

お金の話

現金よりもクレジットカード派の私。現在、用途別に6枚のクレジットカードを所持しています。つい先日1枚解約したので、この間までは7枚持っていたということですね。

それぞれに使い道があるので、今のところ減らすことは考えていないのですが、その中でもっとも愛着のある1枚のポイント交換を行いました。すると、結構な額になったのでうれしかったという話です(笑)。

スポンサーリンク

もっとも愛着のあるカード、それはJCB!

6枚あるカードの中で、最も愛着があるカードがJCBです。JCBは初めて自分の意志でつくったカードです。途中解約して使っていない時期もあったのですが、数年前から再び利用を始めて現在は「JCBゴールド ザ プレミア」という、分不相応なカード(年会費が必要なので、節約中の身には分不相応かと……)を所持しています。

JCBってなんだか好きなんですよね。ディズニーのオフィシャルスポンサーでもあるし、日本で唯一の国際クレジットカードですし。ただ、使えない場所がちょこちょこあるのが残念です。

さて、カードを使うメリットは、支払いが楽でスピーディー、小銭が溜まらない、多額の現金を持ち歩かなくていいなど色々ありますが、ポイント還元があるので現金よりお得に買い物ができることが最大の利点です。

楽天カードならクレジットカードのポイントだけではなく、ほかの楽天のサービス全体と同じようにポイントが付与されるので、わざわざポイント交換の手続きが要らないのでこまめに使っているのですが、JCBはポイント交換の手続きが必要です。

しかも、ある程度貯めてからの方が還元率が良い(気がする)ので、しばらく放置しておりました。そして先日、ある程度溜まったような気がする(相変わらずのどんぶり勘定)ので、重い腰を上げてようやくポイント交換を行いました。

JCBのポイントをnanacoに交換!

私はどんなポイントでもそうなのですが、もっとも現金に近い商品に変えることをモットー(?)としています。さらに、現金に近い使い方ができる中でも、もっとも還元率が良いものをえらびます。

そんな私が今回白羽の矢を立てたのが、nanacoポイントです。私は税金や健康保険をセブンイレブンでnanacoで支払っているので、JCBのポイントをnanacoに変えればぼぼ現金のように使えます。なお且つ、1ポイントが5nanacoポイントになるので、カード利用料のキャッシュバックに使うよりもお得(多分そうだったと思う)です。

この数年間で貯めたポイントは3,473ポイント。これに5を掛けて……1万7,365円分のnanacoになりました!おぉぉぉぉぉ~!これはすごい。

ちなみに、JCBカードは1,000円利用で1ポイントが付くのですが、前年度に利用した合計金額に合わせてボーナスポイントが付いたり、WOWOWへの加入キャンペーンでポイントがもらえたりするので、純粋にカードを利用した額ではありません。

無事手続きが完了し、コツコツためた1万7,365円分のnanacoポイントが手元にやってまいりました!うれしいです。

このお金、どうするのか問題?!

さて、日常的にポイントサイトでゲームをしたり、クリックをしたりしてコツコツ貯めた300ポイントや600ポイント程度であれば、そのままプチボーナス(?)として雑費にぽいっ!と入れてしまうのですが、1万7,365円は雑費にぽいっ!っと入れるには大きすぎる額

はて、どうしたものか。

因みに扱いとしては、JCBのポイントを現金として扱うために、一旦税金や保険の支払いに使用しているnanacoにチャージする。そして、本来ならチャージするはずだった税金や保険の仕分け分から、今回チャージした分の現金をより分ける。という予定です。

なので、現金で1万7,365円が浮いてくるんですよね。う~む。今現在、特に急ぎで買わなきゃいけない物もないですし、これはこのまま置いておいて11月分の収入と合算し、12月分の予算として振分けを行うのが一番良い方法でしょうね。うん、そうしよう。

12月の予算はちょっとゆとりが生まれそう♡

ということで、ほとんど意識していなかったJCBポイントが1万7,000円強に化けてうれしかったというお話でした。12月の予算にすこしゆとりが生まれそうです。

12月って何かと華やかな気分になる季節なので、ちょっとおいしいスイーツを買ったり、おいしい飲み物を買ったり、1年間頑張った自分にプレゼントしたりしたい気分になりがちなので、ちょうど良かったです!

*アドベントカレンダーが欲しいのですが、これなら中身を入れ替えて毎年使えそうじゃない?!と考えてみたり……( ̄ー ̄)ニヤリ

ウッドボックスカレンダー アドベントカレンダー ブックタイプ

タイトルとURLをコピーしました