スポンサーリンク

アラフォーの朝洗顔は水だけでOK?やってみてわかった毛穴事情

節約中の美容の話

アラフォーになると顔の油分が少なくなり、肌はどうしても乾燥に偏りがちです。そのため、朝は水洗顔でちょうどいい、などと言われることも。

節約したい私にとって、洗顔フォームを使用しない水洗顔は願ったり叶ったり。しかも、泡立てや泡を洗い流す時間が短縮されるので、忙しい朝にはもってこいです。

ということで、数年前のことですが、1年くらい続けてみて感じたことと、毛穴事情(?)のお話です。

 

スポンサーリンク

アラフォーの朝は水洗顔が良い?

アラフォーに限らず、30歳を超えると顔の油分が減ってくるため、朝は水洗顔で良いと言われています。みなさんも一度は耳にしたことがある情報なのではないでしょうか。

水洗顔で良い理由

水洗顔を推奨する方々によると、水洗顔で良い理由はいくつかあります。ひとつが洗顔料を使うと洗浄力が高すぎて、肌に必要な油分まで取り去ってしまうこと。もう一つは、清潔な状態で一晩眠っただけなので、洗顔料を必要とするほど顔が汚れていないということだそうです。

水洗顔はぬるま湯で!

水洗顔というネーミングですが、実際には「ぬるま湯」がおすすめ。洗顔にもっとも適した水温は、体温より少し低めの32度と言われています。これより冷たいと油分が固まったり毛穴が閉じたりして汚れが落ちにくいですし、これより熱くなると肌も温まって水分の蒸発を促進してしまいます。

ホットタオルもあり

ホットタオル洗顔を提唱されている美容家もいらっしゃいます。火傷に気を付けて丸めたタオルを縦にして、中央(丸めたタオルの芯部分)にお湯を注ぎます。反対側からも行います。

タオルを軽く絞ってお湯をタオル全体になじませてから、顔や首筋、デコルテなどをやさしく拭き取ります。手を濡らさなくても洗顔ができ、首筋やデコルテまですっきりとすることができます。

美肌を目指してやってみました!

美肌を目指して……というと女子力高めに聞こえますが、実際のところは「え?顔洗わなくていいの?楽じゃない( ̄ー ̄)ニヤリ」と、水洗顔を顔を洗わない免罪符にするようにスタートしました。

春~夏にかけてはぬるま湯や常温の水道水で顔を洗い、冬になるとホットタオル洗顔を取り入れました。特にホットタオル洗顔は、手を濡らさずに(袖をめくらずに)洗顔が完了することと、首筋まですっきりするのでお気に入りでした。

約1年ほど水洗顔をつづけた結果

そんなこんなで、快適に水洗顔を続けていた私に転機が訪れました。何度かこのブログにも書いたことがあると思うのですが、私は美容モニターをさせていただいております。そこで、石けんやフォームなどの洗顔料をたくさんお試しさせていただくこととなったのです。

洗顔料を試すために、朝晩と洗顔を続け実感したのが……

毛穴が目立たなくなった!

正確に言うと、毛穴が目立たないだけではなく、洗顔後にぴょこっと飛び出ていた小鼻や小鼻脇の角質が格段に減りました。えぇ、それはもう、見違えるほどに。

お試しさせてもらったから言うわけではないのですが、使用させてもらった洗顔料も良かったのだと思います。やはり乾燥肌とはいえ、私の油分は水やぬるま湯だけでは取り切れてなかったのですね……。

また私がそうであるように、乾燥肌の方は夜のお手入れには油分多めやしっとりタイプの化粧品を使用することが多いと思います。美容成分は肌にしっかり吸収されて(と信じたい)、残った油分は一晩たったらお役御免、というような話を小耳にしたことがあります。

こういった、コスメの残った油分もぬるま湯だけでは落ち切っていなかったのだろうなと思いました。

結論!私は朝でも洗顔料で顔を洗う

40代も半ばにさしかかり、アラフォーももうすぐ終わろうとしていますが、私の場合はまだまだ洗顔フォームで洗う方が肌の調子は良さそうです。

しばらくこのまま続けて見て、ちょっとなんだかな~という肌の変化を感じたら、またぬるま湯洗顔を試してみたいと思います。

因みに私より1つ年上のいとこは肌が恐ろしくきれいなのですが、彼女は30超えてから朝は水洗顔だけだそうです。このように持って生まれた肌によって個人差があるので、両方試してみて自分に合う方法を見つけることが、周り道のようで近道なのかもと思いました。

P.S

朝用洗顔料なら、シャバシャバタイプの泡洗顔が好みです。手軽に使えてサッと流せるので(どこまでもズボラ)。アトピアDは肌が敏感に傾いても刺激も感じず、とてもよかったです♪

アライアンスファーマ 薬用アトピアD(泡タイプ洗浄料) 200ml (医薬部外品)

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

タイトルとURLをコピーしました