スポンサーリンク

最近仕事を辞める人&辞めたあとすぐに探さない人が増えてる気がする

仕事の話

これはあくまでも私が勝手に思っているだけなのですが、最近仕事を辞める人、仕事を辞めた後すぐに次の仕事を探さずにしばらくのんびりする人、その間に資格の取得を目指す人、正社員という働き方にこだわらずバイトやパートをする人などが増えているような気がします。

そして私もその中の1人です。

スポンサーリンク

仕事をやめてしばらくのんびりしたい

私はついこの間までフリーランスとして、クラウドソーシングのサービスを利用して仕事をしていました。この仕事を始めたのは2016年くらいだったと思うので、なんだかんだで6年間続けてきました。

常にクラウドソーシングで新しい仕事を探していたわけではなく、長期でお仕事を依頼してくださるクライアントさんと契約し、その仕事が終わればまた次の長期案件を探すと言った感じ。

過去には、クラウドソーシング経由での仕事を一旦きちんと完了したあと、改めてクライアントさんから直接契約のお話を頂いてお仕事をしていたこともありました。

そんな感じで約6年。長いような短いような………。仕事の量や配分、休日は基本的に好きに決められますし、仕事をするのは自宅なので普通のお勤めよりはかなり気楽だったと思います(基本的には仕事内容も自分に合っていたと思う)。

でも次のクライアントを探す気になれない

今年の4月末に3年以上お世話になった長期案件のクライアントさんの仕事が終わってから、現時点で3ヶ月半が経過。今までならすぐに次の仕事を探していたのですが、今回ばかりはそんな気になれずにいます。最後の方は仕事量も減らしていたので、そこまで忙しかったわけでもないのですが……。

ただ、ラスト1年間は仕事に対して毎日イライラしながら取り組んでいたので、その反動が大きいのかもしれません。辞めてしばらくのんびりしたい、次の仕事内容によってはまた毎日イライラして過ごすことになるかも。それなら、好きなことで何とか生活できないかな?など考えるようになりました。

すぐに仕事を探さない人が増えている?

さて、私は30代半ば以上独身女性の方のブログを拝見することが多いのですが、ブログを拝見していると、最近は仕事を辞めた後、私と同じように次の仕事をすぐに探さずしばらくのんびり過ごす方、仕事を辞めてできた時間で資格の取得を目指す方や、正社員にこだわらずパートやバイトでの働き方を選ぶ方が増えているような気がします。それまでお勤めされていた方は、失業保険ももらえますしね。

多くの方は19~23歳で社会に出て仕事を始めますが、雇用形態に限らず30代半ばであれば15年前後仕事をしてきたということになりますし、40代半ばであれば25年前後仕事をしてきたということになります。ここまでずっと働き続けてきたことと、2年半前からコロナ禍で生活が一変したことなどから、人々の価値観が変わってきたのかな?と思ったりしています。

あくまでも私の場合ですが、40代も後半になるとこれまでと同じ生活を維持するのではなく、残された時間で私は何がしたいのだろう?と考えるようになりました。もちろん生活するためにはお金が必要なので、余程の資産がある場合を除けば仕事をしなければなりません。

ただ、時間の大半を好きではない仕事に費やしたり、好きではない仕事に精神や思考を支配されている場合ではないと考えるようになりました。やり残したこと、やってみたいこと、まだ経験していないことに使いたい。

例えば仕事が嫌だと思っている場合、仕事をしている間だけではなく、仕事が終わってからも、仕事が始まる前も思い出してはイライラしたりモヤモヤしたりすることってありませんか?本当は、仕事中以外は仕事のことはきれいに忘れられればいいのですが、そううまく心の切り替えはできません。

また、これは私が勤めていた時の話ですが1日24時間のうち7時間は睡眠。9時間は勤務場所に拘束されて、さらに1~2時間は通勤時間。身支度、食事、お風呂、こまごまとした家事など最低限のことだけで4時間使うなると、仕事がある日の自由時間は2~3時間です。

自由時間が2~3時間と聞くと平日でこれなら上等と感じますが、疲れて帰ってきてすぐにやることに取り組めない場合などは、その2~3時間や睡眠時間がどんどんと削られてしまい、今日も仕事に行く以外は何もできなかった……ということになりますよね。

私は比較的若いころから雇用形態にこだわらない働き方をしていたのですが、その理由のひとつに「最低限、自分が快適と思える生活が送れるだけの金額が稼げればいい」と思っていたからです。この働き方ではブランド品をたくさん購入したり、海外旅行に頻繁に行ったりはできませんが、幸いなことにブランド品にも海外旅行にも興味がありません。

やりたいことと言えば買い食い(笑)と、たまにある推し活くらいです。私のような考え方の働き方でも、推し活を金銭的理由で我慢しない程度には収入があったので、私はこの働き方でいいや~と思ってここまで来ました。

それでも、推し活のために仕事をするぞ!と40代前半までは積極的に仕事を探してきたのですが、今回はもう好きな仕事以外では働きたくない!と言う思いが勝っている状態です。

心から楽しめて、それでいてお金になるような……そんな生活、ないですかね?(笑)。ものすごく稼ぎたいわけじゃないんです。ほどほどでいいので、その分自由時間や心の安定を求めます。

きっとこういう考え方が増えると思う

以上が、私が最近思っていることと、私の仕事への考えでした。私は20代のころからこんな考えだったので、友達にも「ちゃんと働きなよ~?」とソフトに注意されることがあったのですが(笑)、それでもここまで生きてきました(もちろん、環境的にかなりツイてると思います)し、ちゃんと仕事もしてきました(正社員はほんの数年しか経験したことがないけど)。

昔は異端児のような扱いを受けていましたが、最近の状況を見ているとこういう考え方の方が増えてきたんじゃないかな~なんて思ったり。

ただ、そう思うのは、私が同じ境遇の方のブログを拝見していたり、好きなブログ=根本的な考え方が似ている方(?!)だからかもしれません(笑)。世間では、やっぱりマイノリティなのかもしれませんが。

いつか好きなことをしてるだけなのに、生活できるだけの収入がある!という風になりたいです。

*部屋でリラックスできる椅子が欲しいのだけど……捨てるときにものすごく大変だろうなと思うとなかなか購入できません。

仕事の話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yururiをフォローする
40代の節約・貯金ブログ~そろそろお金の話でもしましょうか~
タイトルとURLをコピーしました