スポンサーリンク

【2020年12月度】給料の振分け方公開!

月ごとの予算振分け

2020年12月度の予算の振り分けを行いました!今月から「貯金」とあるものに変化しています……ふひひひひひひ(←?)

では早速記録してまいります!

スポンサーリンク

40代独身女性の2020年12月度予算振分け

では今月の予算の振り分け、いってみよう!

2020年12月度の項目別金額

※収入金額と予算の振分け金額は、500円未満は切り捨てて表記しています。

収入合計:225,500円

仕事の収入からポイントサイト、その他もろもろなどのすべてをひっくるめた金額です。20万円を超えると、ちょっとホッとします。でも、私の場合フリーランスなので、ここから所得税・国民健康保険料・税金など諸々を差し引く必要があります。

* * * * *

では振り分けます。

項目今月予算繰り越しとの合計金額
家に入れる30,000円
貯金0円
iDeCo 60,000円
投資用(つみたてNISA)33,333円33,333円
投資用(資金)20,000円20,000円
国民年金16,000円
国保+生保25,500円55,000円
諸経費(税金用)20,500円376,000円
携帯代2,000円23,500円
美容・医療費5,000円19,000円
交際費0円100,500円
雑費3,000円27,500円
趣味費(推し費)5,000円55,000円
ゆとり費5,000円68,500円

振分け内容について

これまでは下三桁は切り捨てにしていましたが、予算と振分け金額が大きく異なるので今後は500円未満を切り捨てにしようと思います。では早速、項目ごとの振分け内容を見ていきましょう!

今回のトピックはなんといっても、貯金が0円だということ。そして、新しく「投資用」の予算が設定されたことです。投資用は2つに分かれていて、つみたてNISA用と、それとは別の投資用iDeCoは以前からやっていたので、これで3つの予算がリスク資産用となります。これについては、また追々覚書きがてらブログに書ければと思います。

雑費3,000円と先月から大幅ダウンです。先月は月の途中で現金のプラスがあったり、ポイント利用が多かったりしてあまり現金が減っていなかったことと、今月はできるだけ現金を使わないというチャレンジをしているのでこうなりました!

国民年金は、毎年1年分をクレジットカードで先払いにして、12で割った金額を毎月口座に戻しています。前半は1万7,000円、後半は1万6,000円になるのですが、とうとう今月から1万6,000円になりました。1,000円の差ですが、地味にうれしいです( ̄ー ̄)

美容・医療費は、今回も5,000円振り分けました。この項目に積み立てを再開してからも、ここからはまだ1円も使っていません。美容や医療に使った金額も、できるだけ雑費で賄う様にしています。コツコツ貯めるぞ~。

交際費は10万円を超えているので今月も振分けなし。毎度おなじみです。

趣味費(推し費)ゆとり費は、先月に引き続きそれぞれ5,000円ずつ。特に使う予定はないのですが、予算があるうちに振り分けておこうと思っています。いつか自由に出かけられるようになったら使えるように……!

12月度の予算の振分けポイントは投資!

12月度の予算の振り分けのポイントは、投資用の予算を確保したことです。実は先月の半ばから投資に関心が向いており、つみたてNISAを始めることを決めておりました。実際にはまだ動けていませんが、時間にゆとりができたら始めるつもりです。できれば今月中は始めたい……。

さらに、以前から気になっていた株主優待も私の中で再び熱が盛り上がりました(笑)。いつ、どの株を買う(買える?)のかはまだわかりませんが、とりあえず予算だけでもコツコツと貯めていこうと思っています。今ある貯金には手をつけずに、投資用の予算を貯めていきたいです。

ということで、このような予算の振り分けになりました。フリーランスなので、冬のボーナスもありませんが(もちろん夏も!)、自由に働けるのは私の性格上とてもありがたいので納得しています。感謝!(←突然?)

【数量限定★予約販売】公式 ピエール マルコリーニ 2021福袋 ラッキーバッグ 【2021年1月5日以降順次発送】ギフト プレゼント 詰め合わせ スイーツ 送料無料 贈り物 スイーツ福袋【PIERRE MARCOLINI】【楽天スーパーSALE開催中♪】【全エントリーで最大P44倍】

タイトルとURLをコピーしました