スポンサーリンク

100円高いパンを買うと誓ったあの日~寿司桶で学ぶ~

お金の話

パン屋さんに行ってパンを買う時に、値段を見ますか?

私は見ます。

大抵の方は見ると思います。ましてや、節約中ならなおさらです。

そして、少しでも安くて美味しそうなもの、コスパの良さそうなものを選んでしまいますよね。

でもある日、ふと気づいたことがあるんです。

「100円高い方のパンを買おう!」と。

 

スポンサーリンク

節約中でもパンは値段で選ばないことにした話

数年前までの私はパン屋さんに限らず、お菓子を買う時も、ケーキを買う時も、お弁当を買う時も、必ず「食べたいモノ」と「価格」の両方をチェックしていました。

そして、「1番食べたいものはAかBだけどちょっと高いなぁ。3番目に食べたいCの方が100円安い。まぁこれもおいしそうだし、だったら安くておいしそうなコレでいいや」という選び方をしていました。

でもある日ふと気づいたんです。

パン屋さんで食べたいパンを買っても、妥協した3番目に食べたいパンを買っても、値段の差って100~200円程度ですよね。

もしその100~200円を出せないのであれば、今パンを買うべきではないし、せっかく貴重なお金を払ってまで食べるのなら、本当に1番食べたいものを選んだ方がいいのではないか?と。

加えて言えば、私はベーカリーに行くとパンを3つは購入します。

価格との兼ね合いでちょっと妥協したパンを3つ買って500円前後なら、本当に食べたいパンを1つか2つ購入するのと、価格は変わらないということに気づきました。

食べものの価格は頑張れば出せる!

もしこれが車だとしたら、本当に欲しい車と買える車の価格の差は数百円ではないでしょう。場合によっては数千万円違うことだってあり得ます。

でもパンなら、お弁当なら、お菓子なら、ケーキなら……絶対に買えない価格の差ではないと思うんですよ。

もし買えない価格の食べ物だとしたら、今の自分には分不相応だということですし。

だったら本当に欲しいものを買う方が満足度が高く、生きたお金の使い方になるのではないか。

1番食べたかったパンを100~200円の差で我慢して、「あぁ~。あのパンおいしそうだったな。やっぱり次はあのパンにしようかな」と思ったとしたら、結局今日支払ったパン代は無駄になってしまうと思いました。

寿司桶で学びました

実はこのパンの件、寿司桶で学んだことなんです。

一度でいいから寿司桶をかかえて食べたい!

私は小さいころから握り寿司が大好きで、「一度でいいから寿司桶をかかえて、もう無理食べられないってくらい食べてみたい~!」なんて冗談でしょっちゅう言っていました。

するとある人が、「一度やってごらん?多分満足するから」と言ったのです。

確かに、そうかも………。

私は銀座の有名店の寿司桶じゃなくても、スーパーの食品売り場で売っている寿司桶でも、回転ずしでお持ち帰りする寿司桶でもいいんです。どちらも大好物なんです。

だとしたら、24カンや36カン入りだとしたら、高くても3,000円程度、100円均一の回転ずしなら1,800円+税で食べることができるんです。

少なくとも10年以上は、「一度でいいから寿司桶を抱えて食べたい~!」なんて言っていましたが、2~3,000円でその夢が叶うことに気づきました。(遅っ!)

もうね、目から鱗。なんで気づかなかったんだろう?なんでやってみなかったんだろう?と自分に呆れましたが、やっぱりお金がかかるって思っていたんですよね。

その割には、1カ月に4回くらいは10~12カン入りのお寿司を買い食いしていましたけどね(笑)。

やってみたら口癖が消えました!

思い立ったが吉日、私は張り切ってスーパーに足を運びました。

残念ながらタイミングが悪く36カン入りの寿司桶も24カン入りの寿司桶もありませんでした。

ただ、12カン入りはありました。

「よし!寿司桶ではないけれど、中身は同じだ。12カンを2パック買って帰ろう!」とお寿司を購入。

家に帰って、じっくりたっぷり、満腹になるまで味わいました。

ひとりで。24カン。一度に( ̄ー ̄)ニヤリ

もうね。ものすごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく満足しました。

結構ぺロリと食べられましたしね(笑)。

そして、その日を境に「寿司桶を抱えて食べた~い!」って言わなくなったんですよ。

無理したわけでもなく、我慢してるわけでもなく、本当に、本当にまったく言わなくなったんです。きっと実際に一度やったことで満足できたんだと思います。

1カ月に12カンを4回食べてはいたけれど、「一生一度は寿司桶かかえて……」って言っていたのに、人生でたった1度24カン一気食いしたら、寿司桶を抱える夢が叶って満足できたんです。

しかも24カン一気に食べる方が、1月に12カン4回より安いっていうね。。。。

今でもお寿司は好きですし、夕食とは別で買い食いもしますけど(今月は自粛中 笑)、それでも寿司桶抱えたいとはもう思わなくなりました。

この寿司桶の経験があるからなんでしょうね。

食べ物って、どれだけ高いって言っても、私が食べたがるようなものは絶対出せないような金額のものではないので、100円、200円を節約して妥協するよりも、ほんっとうに心から食べたいものを買うことにしています。

食べ過ぎと節約には注意しながら食を楽しむ!

「100円高いパンを買おう」と決意したあの日から、私の食に対する満足度は高くなった気がします。

これはあくまでも比喩なので、本当に食べたいものがその店で1番安い時もあります。

私、ミスドでは基本的に低価格ラインのドーナッツが1番好きですし( ̄ー ̄)ニヤリ。

とにかく………

私の場合は数百円の違いなら節約を優先せずに、本当に食べたいものを選ぶ方が満足度が上がり、満足度が上がると食べる頻度が減り、結果的に節約につながるというお話でした。

人によっては10円でも20円でも、安いものを選んで食べる方が満足度が高い方もいらっしゃると思います。これはもう、どっちが良いとか悪いとかではなく好みの差だと思うので、好きな方で良いのだと思います。

私は食べることが大好きなので、これからも「生き金」になるような節約を心がけつつ、食を楽しみたいと思います!


【送料無料】スタッフおすすめセット【名門ホテルのホテルパン/日光金谷ホテルベーカリー】

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

タイトルとURLをコピーしました