スポンサーリンク

砂糖断ちを決意してからの1ヶ月間で得た効果(ゆるめのルールです)

-自宅アロマサロン開業のヒント

以前ブログで緩めの砂糖断ちにチャレンジすると宣言しました。その10日後にあまりにできていなさ過ぎて、途中経過というか言い訳も書きました。

今日は、ゆる~い砂糖断ち宣言から1ヶ月(正確には1ヶ月+6日)までのゆる砂糖断ちの経緯と実感した効果を書いてみようと思います。

砂糖断ちってどんな感じ?砂糖断ちでどんな効果が得られるの?砂糖断ち1ヶ月での効果って?と気になっている方はぜひ覗いていってください!

スポンサーリンク

砂糖断ち(ゆるルール)1ヶ月までの道のりと効果

これまでの1ヶ月+6日をある程度の期間に区切って、砂糖断ちができていたのかどうかとその時感じた効果を紹介します。

私の砂糖断ちのゆるいルールは過去のブログで紹介しています。

ゆる~い砂糖断ち1~2週間目:決意しただけ(笑)

今日からゆる砂糖断ちを始めるぞ!と決意してから1~2週間目までは、今あるお菓子は自分で食べきるというルールを設けていたため、砂糖を断つぞ!と決意しただけの1週間となりました。

当時はお菓子、スイーツのストックがたくさんあり、毎日甘い系1~2個、おせんべいなどのしょっぱい系を1個、そしてコーヒーor紅茶というティータイムを欠かすことはありませんでした。

砂糖断ちを決意する前と大して食生活が変わっていないため、当然体重にもあまり変化がありませんでした。得られた効果は……「砂糖断ちを始める私」ちょっぴり酔いしれられただけです(笑)。

ゆる~い砂糖断ち3~4週間目:爆食期

砂糖断ちを決意したものの、これまでと変わらぬ食べ方。これではいけないと気持ちばかりが焦っていました。なぜ甘いものが辞められないのか……それは、手元に甘いものがあるからだ!(暴論)

この時私は食品売り場で購入したお菓子のストック、自分土産として購入した甘い銘菓たち、法事の粗供養で分けたお菓子たちと、たくさんのお菓子を持っていました。加えて5月末が期限のミスドのドーナツ引換券が4個分

だらだらやってるといつまでたっても砂糖断ちが始められない。一気に食べちゃえ!と思い、実行に移したのがこの時期です(笑)。一気に食べちゃえ!と思った経緯は以下のブログにて。

私はちょうどそのころむくみ期を迎えており、甘いものを食べるわ(これもむくみの原因の一つ)、ホルモンバランス的にもむくむ時期だわで体重が一気に跳ね上がりました(笑)。

ゆる砂糖断ちを始めようと決意したころより、3週目の爆食期1週間だけで+1kgの増量。4週目は体を動かす機会が多かったので増量分の1kgは減りましたが、4週間目を終えて砂糖断ちもできていないわ、体重もスタート時と同じだわで、ただ単に「砂糖断ちを始める」と決めただけ。始めたときの状態と、何も変わっていない1ヶ月となりました。

当然砂糖断ちの効果はゼロ。それどころか、逆効果と思われる出来事が起こりました………。

ゆる~い砂糖断ち5週間目:強制的に砂糖断ち成功!

3~4週間の爆食期で得た逆効果は……体調不良です。前日の夜まですこぶる元気に過ごしていたのに、翌朝目覚めると喉が激痛、午後にはデッドラインの37.5℃まで熱が出てしまいました。詳細は昨日のブログに書いた通りで結果は陰性、それでいて原因不明だったのですが、とにかく喉が荒れていたそう。

私が思うに、これは多分甘いものの食べすぎだなと思いました。おばあちゃんの知恵袋じゃないのですが、以前私が風邪ひいた~と言っていると祖母が「風邪は甘いものの食べすぎが原因」と言っていました。

今回甘いものの爆食期を2週続けたことで、弱い場所(私は喉から不調が起こるタイプ)に出たのだと思います。2年半ぶり以上に37.5℃の熱を出し、1週間薬を飲む生活が始まりました。

この薬の副作用なのか、少し気持ち悪さがあり、食べすぎるとお腹を壊しそうになるので、おのずと食欲が抑えられました。昼、夜のおかずも残してしまうことが多かったので、とてもじゃないですが、自ら進んでお菓子をバクバク食べようという気持ちにはなれませんでした。

家族がつくってくれたわらび餅や、うす~いクッキーを少量、アンパンを薄くスライスして1切れ、おせんべいを1枚だけなどという感じでは食べていましたが、私にしてはかなり少ない間食でした。

こうやってほぼ強制的に緩いルールの砂糖断ちを1週間行ったことで、やっと砂糖断ちの効果が現れました。

ひとつ目は、朝の目覚めが良くなった。体調を崩しているので早めに寝ていたということもあると思うのですが、私はもともと同世代の人に比べるとかなり就寝が早い方で、それなのに毎朝起きられずに二度寝、三度寝をしていました。それが、目覚ましが鳴る前にすっと目が覚めるのは、やはりゆる砂糖断ちの効果だと思います。

もうひとつは、肌のくすみが少なくなった。つい最近、歯を磨きながら鏡を見ていると、昔1ヶ月ほど体調を崩し強制的に砂糖抜き(今回と同じですね)状態になったときと同じような、内側から発光するような白さになっていた(あくまでも自分比ですが)のに驚きました。

もうひとつは、お通じが良くなったこと。ただし、これはもしかすると薬の副作用のひとつに下痢があったので、薬の影響でお通じが良くなっているだけかもしれません。

ここに書いた、目覚めが良くなる、くすみが消えて内側から輝くような肌に(何度も言いますが、あくまでも自分比……(笑))なってきた、お通じが良くなった(これは薬かも)の3つの効果は、砂糖入りのお菓子を私としてはかなり控えめにしてたったの1週間で感じた効果です。

抗生物質は今朝で飲み終わったので(あと1種類だけワケあって飲み始めるのが遅かったので明日の朝まで残ってる)、お通じがこのまま改善するかどうかは薬を飲み終えてからの変化に注目したいです。

あと、これは砂糖断ちの純粋な効果とは言えないかもしれませんが、普段通りの食事量が食べられなかったこともあり、この1週間で2kg減りました。ただ、この痩せ方はすぐに戻るし、体力だけ落ちて良くない痩せ方なので、むしろ一旦もとに戻して健康的に体重を減らしたいです。

やっとスタートラインに立てた!

体調不良という大きな大きな代償を払いましたが(?)、ストック分のお菓子を爆食した結果、今手元に残っている市販の甘いお菓子は2個になりました。ようやく、甘いお菓子を食べないというゆるい砂糖断ちのスタートラインに立てました。

ゆる砂糖断ち1~4週目までは実際には砂糖断ちをしていなかったので、5週目からやっとゆるい砂糖断ちの始まりです。今回甘いお菓子を食べすぎて喉の痛み&発熱をやらかしたので(?)、やはり健康と美容のためにも甘い市販のお菓子は量をググッと減らしたいと思います!

ということで、現在開始から1ヶ月+6日ですがこれからも続けてまいります。また2ヶ月目の報告ができればと思います!

*健康的なお菓子として、ナッツ、チーズ、甘栗をストックしています♡

タイトルとURLをコピーしました