スポンサーリンク

心から美活に力を入れようと思った出来事

節約中の美容の話

先日、ほんっとうに心から絶対に美活頑張ろう!!と決意した出来事がありました。コロナ禍になって約3年。先日突きつけられた事実(?)によって、自分自身の劣化をまざまざと見せつけられた気持ちです。

スポンサーリンク

コロナ禍に美意識を失う

2020年春。45歳になった私は、更年期が原因なのか、コロナへの恐怖がストレスとなったのか、何を食べても気持ち悪くなるという症状を発端とし様々な不調に見舞われました。病院で診察してもらっても胃に不調はなく、当然薬も効きません。

毎日毎日気持ち悪さをただじっと耐えるだけの日々で、当然美容どころではありませんでした。

2年目から徐々に体調が戻りはじめたもののまだまだ波はありますし、気圧の変化に体調を大きく左右される気象病(天気痛)の症状が強く残りました。40代後半になってからの1年間の体調不良美容に与えた影響は大きく見た目も心もかなり劣化した状態に。

それでも体調が悪くない日(良いとはいいがたい)日も増えてきた頃、近所に買い物に出かけた先で友達を見かけて思わず隠れてしまった自分に驚き美容に力を入れることを決意しました。その話は以前ブログに書いた通り↓↓

その後、自分なりにコツコツと美活を続けてはいますし、友達と遭遇して逃げた時よりはまだマシなような気もするのですが、先日のとある出来事で「全然まだまだ!これじゃダメ!」ということを突き付けられました。

私がそう思った出来事は……

推し様と近距離で向かい合うのは無理すぎる問題

先日、推し様関連でうれしい発表がありました。今わたしが一番好きな推し様のお仕事の予定がいくつか出ているのですが、一番最近発表されたのが推し様と近距離で向かい合うであろうイベント

推し様と一対一で向かい合う……だと?……???

本来であればこのイベントの発表に喜びを爆発させるところですが、喜びの前に頭をよぎったのがこんな姿じゃ参加できない!でした。本当に正直な気持ち

実際そのイベントへの参加は抽選制であることと、私からすると時期、場所共に難しい場所での開催だったのですんなりとあきらめがつきましたが……

もし、行きやすい場所であったとしたら、どうした私?

ということが、あきらめた後も頭の中をぐるぐるとめぐっていました。いや、今もめぐっています。そもそも年齢的にも推し様よりもずいぶん上なのでそれだけでも気が引けるのに、参加するかどうかを考えたときに、この3年弱の間に何もかも劣化していたことを改めて実感しました。

以前の私なら、2つ返事で「とりあえず申し込む!」と意気込んでいたことでしょう。むしろ、旧推し様(こちらは私より年上)のこういったイベントに尻込みしている推し様よりも少しおねぇ様方を見て、「年齢なんて関係ないし何を気にしてるんだろう?なんであんなに消極的なの?」とすら思っていました。

今はそのおねぇ様方の気持ちが、ものすごく良くわかります。わかるどころか、実際に申し込みができない状況です。

今回は開催場所と時期を理由にしたのであっさりとあきらめることができましたが、もし本当に日帰りできる場所で開催されたとしたら、私はどうしていたのだろう?どうせ当たらないよと理由をつけて、申し込む勇気が持てなかったかもしれません。

というか、今の状況じゃ推し様の目の前に立つ自信がないし、やっぱり申し込めないですね。。。。。

もともと年齢や自分の美活状況(?)にかかわらず、「わたくしなどが推し様の目の前に立つなど……」とか「推し様の視界に入るなど無理ですぅ~」というかわいらしいタイプの方もいらっしゃいますが(個人的には結構好きなタイプです笑)、もともと私はガツガツ参加したい方

その私があきらめるってことは、完全に自分で自分に自信を持ててないってことなんだなぁと実感しました。

友達になら会えるのか問題

開催場所、時期の問題で推し様との対面は早々にあきらめた私。それ以降、自分自身の身なりについて頭の中でぐるぐると考えているのですが、「友達になら会えるのか?」ということも考えてみました。

答えはNO!

やっぱりこの外見では友達とも会いたくないです。もともと友達が少ないうえに、コロナ禍の前も件のお店で遭遇して逃げた友達とは年2~3回、それ以外の数少ない友達とは年に1回会うかどうか程度の頻度でしか会っていませんでした。

しかも、現在と同じ体重、もしくは今より体重が重たかったときにも会っていました。でも今会えるかと言われれば、やっぱり会いたくない気持ちが強いです。

この3年弱一度も友達と会わずに過ごしたので、ひとつは久しぶりすぎて尻込みするというのもあるのでしょうが、体重以外の劣化ひどいことに自分でもうすうす気づいていたんだなぁと実感しました。

何がって言われたら、もう何もかもが!です。

体重は変わっていなくても、年齢的に肉が付く場所が変わってきたり、肌の質感が変わったり、フェイスラインのたるみ、緊張感のない日々で表情自体もたるみ切っています。

最近はおでこの広がりが気になり、よく考えてみたら抜け毛が多く、髪が細くなり、コシがなくなってきていて、元々髪は太いし量は多いしだたのが「あれ?ちょっと寂しくなってきてる?」という新たな悩み(まだ大きな悩みではないけれど、ヘッドマッサージは始めた笑)まで。

また、体の劣化だけではなく、ここまで感じてしまうのは心の劣化も大きいんだろうなと自己分析しています。だってこの3年の間、自信をもって「これをやり切った!やり遂げた」って言えることが一つもないですからね。

コロナ禍で人と会えないことを良いことに、のほほ~んと家の中だけで過ごしてしまった。外出するとしても一人家族と一緒。緊張感もへったくれもありませんし、何なら身ぎれいにしようと思う必要もありません(不潔と言う意味ではないです)。

これではいけません。今後コロナがどうなるかはわかりませんが、1年前よりも確実に以前の生活に戻りつつあります。年齢を逆行するのは無理だとしても、推し様と対面するイベントに一生背を向けて過ごすのか、もしそんな機会があれば応募できる程度に自分を整えておくのか。

考えると、どちらが良いかは明白です。

心とカラダを鍛えよう!ただし健康第一で

以上が改めて美活について考えるきっかけとなった出来事でした。

美容については過去に何度かブログを書いていて、今もその時と目指すところは変わりません。9月に、「年末に向けてあと3ヶ月でこうなりたい」という内容のブログを書いたので、近々実現できているかどうかの振り返りを行いたいと思っています。

そして、来年からと言わず今日からでも(と言いながら、筋トレを始めようと思ってからすでに1ヶ月ほど経過している)、心とカラダを鍛え始めたいです。

ただし、いつもモチベーションが上がって、張り切って取り組みを始めると体調を崩してしまうので、とにかく体にバレないように(?)少しずつやることを増やしていって、気づけばある程度のトレーニングメニューがこなせるようになっていたというところを目指したいです。

一つ目の区切りは来年3月。3ヶ月あればカラダもココロもある程度変わることができるでしょう。何をどうしていくのかは、これからしっかり考えたいです!

*筋トレ嫌いな私ですが、筋トレやってみたいなと思えた本。クスっと笑えるので、読み物としても面白かった!ちなみに筋トレの方法などは書いてないです。

タイトルとURLをコピーしました